ニュース

ライスボウル、社会人のみ試合へ 優勝決定戦に、名称は存続

2021/1/30 20:54

 日本アメリカンフットボール協会は30日、オンラインで臨時理事会を開き、社会人代表と学生代表が対戦してきた日本選手権、ライスボウルの方式を見直し、来季から社会人チームの優勝決定戦とすることを決めた。名称は存続し、2022年1月3日に開催する予定。

 最近は12年連続で社会人代表が勝利するなど学生代表との力量差が顕著になり、見直しを求める声が上がっていた。日本協会はワーキンググループで昨年8月から問題点などを議論。「社会人の強化や進化が著しく、学生が対等に勝負できる環境にない」「体力的な差も大きく、対戦自体が危険を伴う」などとして見直しを決めた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 五輪の海外観客「4月末に判断」 (2/25)

     【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は24日の理事会後に記者会見し、新型コロナウイルスの影響で今夏に1年延期となった東京五輪の海外からの観客受け入れ判断について「4月か5月...

  • 聖火リレーのコロナ対策を公表 (2/25)

     東京五輪・パラリンピック組織委員会は25日、開始まで1カ月となった五輪聖火リレーの新型コロナウイルス感染症対策の詳細を公表した。観客には居住する都道府県以外での観覧は控えてもらうほか、沿道の密集を避...

  • 高梨沙羅、予選1位通過 (2/25)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権は24日にドイツのオーベルストドルフで開幕し、ジャンプ女子個人ノーマルヒル(ヒルサイズ=HS106m)予選で高梨沙羅が103mを飛び...

  • 五輪、豪ブリスベンが最優先候補 (2/25)

     【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)は24日の理事会で、2032年夏季五輪・パラリンピックの最優先候補地としてオーストラリア東部のブリスベンを選定し、本格的な協議に入ることを決めた。既...

  • 欧州CL、マンCとレアルが先勝 (2/25)

     【ロンドン共同】サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は24日、各地で決勝トーナメント1回戦第1戦の2試合が行われ、4季連続の準々決勝進出を狙うマンチェスター・シティー(イングランド)がボルシア...