ニュース

日本の捜査協力は限定的、と仏側 招致疑惑で竹田氏聴取内容が判明

2021/1/31 6:00
 竹田恒和氏の聴取ポイント

 竹田恒和氏の聴取ポイント

 2020年東京五輪招致を巡る贈収賄疑惑に関し、フランス当局の予審判事が18年12月にパリで日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和前会長(73)に事情聴取した内容の大枠が30日、関係者への取材で分かった。前年に国際捜査共助に基づき行った東京地検特捜部による竹田氏ら招致関係者の聴取について、判事は「限定的で欠陥が多い」と指摘した。捜査は継続しており、立件可否の判断が注目される。

 招致委理事長だった竹田氏へのフランス判事による聴取内容が判明するのは初めて。日本の刑法には民間人同士を対象にした贈収賄規定がないため、判事は捜査協力が「任意」にとどまったとした。


この記事の写真

  •  2013年9月、20年東京五輪の開催都市契約の調印式で安倍首相(左端)らと写真に納まる招致委の竹田恒和理事長(右から2人目)=ブエノスアイレス(共同)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • スキー複合男子団体、日本4位 (3/1)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第5日は28日、ドイツのオーベルストドルフで行われ、複合男子団体に永井秀昭(岐阜日野自動車)渡部善斗、渡部暁斗(ともに北野建設)山本...

  • 宮沢はスプリント予選敗退 (2/25)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は25日、ドイツのオーベルストドルフで距離スプリント・クラシカルが行われ、男子(1・5キロ)は29歳で5大会連続代表の宮沢大志...

  • 独1部リーグ、遠藤渓は出番なし (3/1)

     【ケルン(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグで28日、ウニオン・ベルリンの遠藤渓太はホームのホッフェンハイム戦でベンチ入りしたものの出場機会がなかった。チームは1―1で引き分けた。

  • 吉田麻也フル出場、チームは敗北 (2/28)

     【ミラノ(イタリア)共同】サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)で28日、サンプドリアの吉田麻也はホームのアタランタ戦にセンターバックでフル出場した。試合は0―2で敗れた。

  • 加藤聖五は1回目で途中棄権 (2/28)

     アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は28日、ブルガリアのバンスコで男子大回転第8戦が行われ、世界選手権で18位と健闘した加藤聖五(野沢温泉ク)は1回目で途中棄権に終わった。 世界選手権覇者のマチ...