ニュース

中国、1月の景況感51・3 コロナ再流行で2カ月連続減

2021/1/31 11:39
 部品メーカーの工場でマスクを着け作業する従業員=2020年5月、北京(ロイター=共同)

 部品メーカーの工場でマスクを着け作業する従業員=2020年5月、北京(ロイター=共同)

 【北京共同】中国国家統計局と中国物流購買連合会は31日、景況感を示す製造業購買担当者指数(PMI)が1月は51・3だったと発表した。前月から0・6ポイント下落し、2カ月連続の減少となった。好不況を判断する節目の50は11カ月連続で超えた。

 統計局は、国内で局地的に新型コロナウイルスが再流行し、一部企業の経営が影響を受けていると分析した。

 飲食や観光など非製造業部門の景況感を示す指数も52・4と、前月から3・3ポイント急落した。各地でコロナの防疫措置が取られ「サービス分野の消費意欲が明らかに減退した」(物流購買連合会)。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 厚労省、コロナ病床使用率を公表 (3/6)

     厚生労働省は5日、3日午前0時時点の新型コロナウイルス患者向けの病床使用率を公表した。千葉県は51%で、政府の対策分科会が示すステージ4(爆発的感染拡大)の目安となる50%以上の水準だった。 一方、...

  • 国内のワクチン接種で重い副反応 (3/5)

     厚生労働省は5日、米製薬大手ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンを接種した医療従事者の30代女性が、急性の重い副反応であるアナフィラキシーを起こしたと発表した。投薬後、症状は軽快したという。アナ...

  • 首都圏知事、マスクや手洗い訴え (3/5)

     東京都と埼玉、千葉、神奈川3県の知事は5日午後、新型コロナウイルスの緊急事態宣言延長に伴ってテレビ会議を開き、昨年3月以降に花見の時期などを経て最初の宣言へつながった経緯を教訓に「1年前を思い出そう...

  • 首都圏の緊急事態、再延長 (3/5)

     政府は5日、新型コロナウイルス感染症対策本部会合を首相官邸で開き、首都圏1都3県に発令している緊急事態宣言について、7日の期限を21日まで2週間再延長すると決定した。当初2月7日とした期限はいったん...

  • ローマ教皇がイラク初訪問 (3/5)

     【バグダッド共同】ローマ教皇フランシスコは5日、イラクを訪れた。教皇のイラク訪問は史上初。8日までの滞在中、イスラム教などの指導者と対話し融和を訴える。2019年の訪日以降、新型コロナのパンデミック...