ニュース

将棋、渡辺明王将が防衛に王手 7番勝負3連勝

2021/1/31 18:46

 将棋の第70期王将戦7番勝負の第3局は30、31の両日、栃木県大田原市で指され、先手の渡辺明王将(36)が115手で挑戦者の永瀬拓矢王座(28)を破り、3連勝で防衛にあと1勝とした。

 第4局は2月13、14日に東京都立川市で行われる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

文化・芸能の最新記事
一覧

  • ノーベル文学賞後、初の小説発表 (3/2)

     2017年にノーベル文学賞を受けた長崎市出身の英国人作家カズオ・イシグロさん(66)の受賞後第1作となる長編小説「KLARA AND THE SUN」が2日、世界で同時発売された。邦訳版は「クララと...

  • 名古屋城、本丸内堀で石列発見 (3/1)

     名古屋市は1日、名古屋城天守西側の本丸内堀で見つかった石列を報道陣に公開した。1610年ごろの建築計画にあった小天守の石垣基礎に当たる可能性がある。絵図で計画は知られていたが、実際に遺構とみられる構...

  • NHK大河で光秀イメージ好転 (3/1)

     大河効果でイメージ好転の兆し―。京都府福知山市は1日、本能寺の変で主君織田信長を討った明智光秀のイメージについてインターネット調査結果を発表。NHK大河ドラマ「麒麟がくる」(2月終了)の放送開始前に...

  • 「ノマドランド」が2冠 (3/1)

     【ロサンゼルス共同】米アカデミー賞の前哨戦となる映画賞「第78回ゴールデン・グローブ賞」が2月28日発表され、夫も家も失い、現代のノマド(遊牧民)として季節労働の現場を渡り歩く女性を描いた「ノマドラ...

  • 「自粛で囲碁と向き合えた」 (3/1)

     囲碁の碁聖、天元を昨年獲得した一力遼二冠(23)は1日、日本記者クラブでオンライン記者会見し、二冠獲得について、「昨春大学を卒業後、(コロナ禍による)自粛中に囲碁と向き合うことができ、タイトル獲得に...