ニュース

東証大幅反発、427円高 企業業績回復に期待感

2021/2/1 15:39
 東京証券取引所=東京・日本橋兜町

 東京証券取引所=東京・日本橋兜町

 週明け1日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅反発し、前週末比427円66銭高の2万8091円05銭で取引を終えた。前週後半の大きな下落で値ごろ感の出たITや半導体関連などの銘柄に買い注文が集まった。企業の業績回復への期待感も支えになった。

 東証株価指数(TOPIX)は21・06ポイント高の1829・84。出来高は約11億4500万株。

 平均株価は1月28、29日に1000円近く下げて高値警戒感が薄れたことを背景に午前中から買い注文が優勢になった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京株式  2日午前終値    (3/2)

    <225種>          29554円75銭      前日比 −108円75銭  <TOPIX>         1893.41        前日比 −09.07    

  • 為替相場   2日(日本時間11時30分) (3/2)

    11時30分現在        1ドル=             106円82銭〜          106円83銭    前日比  −0円23銭   1ユーロ=            128円55銭...

  • ワクチン端末を契約、3月配布 (3/2)

     平井卓也デジタル改革担当相は2日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種会場で接種券の読み取りに使う端末4万1千台を48億円で契約したと発表した。初期設定を済ませて3月中に全国の会場に届...

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 日生、ワクチン接種時は勤務免除 (3/2)

     生命保険最大手の日本生命保険が、社員の新型コロナウイルスワクチンの接種を後押しするため、就業時間中に接種する場合でも、賃金が減らない「勤務免除」とする方針を固めたことが2日、分かった。国内企業でこう...