ニュース

1月の百貨店売上高、3割前後減 緊急事態宣言の時短営業響く

2021/2/1 18:02

 大手百貨店4社が1日発表した1月の既存店売上高(速報)は、前年同月の実績から3割前後の減少となった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言の再発令を受けた時短営業によって入店客数が減少したことが影響した。

 大丸や松坂屋を運営するJ・フロントリテイリングが最も減少幅が大きく34・8%減。三越伊勢丹ホールディングス(HD)が30・6%減、高島屋が28・4%減、そごう・西武が26・3%減と続いた。各社とも昨年12月から減少幅が拡大した。

 訪日外国人客向けの免税売上高も、三越伊勢丹HD、高島屋、大丸松坂屋百貨店の3社は9割前後の減少となった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東証、午前終値は2万9621円 (3/1)

     週明け1日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅に反発し、前週末に割り込んだ2万9000円を上回る場面があった。急落の反動で、買い注文を再び入れる動きがみられた。上げ幅は一時700円を超...

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 為替相場   1日(日本時間12時) (3/1)

    12時現在           1ドル=             106円64銭〜          106円65銭    前日比  −0円56銭   1ユーロ=            128円87銭...

  • JR西、採用550人減へ (3/1)

     JR西日本は1日、新卒と既卒、契約社員を合わせた2022年度入社の採用を21年度より550人少ない約200人とする計画を発表した。約7割減となる。新型コロナウイルス感染拡大の影響で事業環境が大幅に悪...

  • ファミマが創立40年記念新商品 (3/1)

     ファミリーマートは1日、今年で創立40周年となるのを記念して、クリスピーチキンなどの新商品を紹介する発表会を開いた。クリスピーはスティックタイプでジューシーな味わいに仕上げた。売れ筋の「ファミチキ」...