ニュース

がん患者の卵子凍結は20万円 経済負担大きく、厚労省が補助

2021/2/1 23:24
 厚生労働省=東京都千代田区霞が関

 厚生労働省=東京都千代田区霞が関

 厚生労働省は1日、小児や若者のがん患者が将来子どもを授かる可能性を残すため、卵子や精子の凍結保存にかかる費用を補助する事業案を同省の有識者会議に示した。卵子の凍結は1回当たり20万円、精子の凍結は同2万5千円を上限に助成する。凍結保存は高額な自費診療となるため、若いがん患者にとって経済的な負担が大きく、国の支援が求められていた。

 卵巣や精巣などの生殖器は、抗がん剤や放射線治療の影響で妊娠するための機能が失われる場合がある。あらかじめ卵子や精子などを採取し凍結保存しておけば、がんの治療後に保存した卵子などを用いて妊娠や出産に至ることが期待できる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 国内1056人感染、80人死亡 (2/26)

     国内で26日、新たに1056人の新型コロナウイルス感染者が確認された。東京270人、神奈川117人、千葉113人など。死者は東京30人、埼玉9人、千葉7人など計80人が確認された。厚生労働省によると...

  • ワクチン、医師らへ優先接種開始 (2/26)

     厚生労働省は26日、新型コロナウイルスワクチンの安全性を確認するための先行接種に続き、患者の治療や搬送に関わる医療従事者への優先接種が始まったと明らかにした。先行接種対象約2万人への1回目の接種が終...

  • 一般接種、7月以降の見通し (2/26)

     河野太郎行政改革担当相は26日、65歳以上の高齢者3600万人に必要な新型コロナウイルスワクチンを6月末までに全国の自治体へ配送を完了させる方針を示した。これを受け、多くの自治体で65歳未満の一般住...

  • 児童生徒の感染、1月に急増 (2/26)

     文部科学省は26日、一斉休校がほぼ終わった昨年6月から今年1月までの児童生徒の新型コロナウイルス感染状況を発表した。全国の小中高と特別支援学校で計1万2107人。緊急事態宣言が再発令された1月上旬か...

  • 東京、新たに270人が感染 (2/26)

     東京都は26日、新型コロナウイルスの感染者が新たに270人報告されたと明らかにした。累計は11万1010人となった。 都内の感染者数は緊急事態宣言の発令後に減少してきたが、最近は減り方が鈍化。1日当...