ニュース

厚労相、ワクチンの基本は居住地 職場接種との両立検討

2021/2/2 11:45
 田村憲久厚生労働相

 田村憲久厚生労働相

 田村憲久厚生労働相は2日の記者会見で、厚労省が検討している職場での新型コロナウイルスワクチンの集団接種について「今基本的に考えているのは、住民票のある地域での対応だ。うまく両立できるかどうか検討が必要」と強調した。河野太郎行政改革担当相のもとで今後調整を進める。

 職場での集団接種の対象として想定しているのは、主に65歳未満の一般住民。厚労省が1日、自民党の新型コロナ対策本部などの会議で明らかにし、党内からも「平日に職場で接種できれば効率的だ」との声が出ていた。田村氏は「どういうやり方ならば多くの方々に短期間で接種していただけるか検討したい」と話した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 神戸市で変異株36件確認 (3/1)

     神戸市は1日、市内の新型コロナウイルス感染者の検体を変異株用のPCR検査などで調べた結果、1月下旬〜2月に36検体で変異株が見つかったと発表した。感染力が強いとされる英国由来の変異株が31検体で、ワ...

  • 日航、希望者に2千円でPCR (3/1)

     日本航空は1日、国内線に搭乗する希望者向けに2千円で新型コロナ感染の有無を調べるPCR検査サービスを始めると発表した。日航が費用の一部を負担する。対象となる搭乗期間は今月15日から6月30日まで。搭...

  • 原子を色分け、観察可能に (3/1)

     炭素材料「カーボンナノチューブ」の発見でノーベル賞候補に挙げられる名城大(名古屋市)の飯島澄男終身教授(81)らの研究チームは1日、原子から発生するエックス線を高感度で検出する装置と電子顕微鏡を組み...

  • 国内で新たに698人感染 (3/1)

     国内で1日、新たに698人の新型コロナウイルス感染者と、51人の死者が報告された。新規感染者が千人を切るのは2日連続で、内訳は千葉127人、東京121人、埼玉61人、大阪56人など。死者の内訳は東京...

  • 通天閣、黄色にライトアップ (3/1)

     政府の新型コロナウイルス緊急事態宣言が大阪府で解除された1日夜、大阪市浪速区の観光名所・通天閣が黄色にライトアップされた。大阪府が独自基準「大阪モデル」で、非常事態を表す赤信号から黄信号に引き下げた...