ニュース

4月には通行可能に 震災後復元の常磐橋

2021/2/2 14:52
 東京都千代田区と中央区をまたいで日本橋川に架かる常磐橋

 東京都千代田区と中央区をまたいで日本橋川に架かる常磐橋

 東京都千代田区と中央区をまたいで日本橋川に架かり、都内に唯一残る明治初期の石橋として文化的価値の高い常磐橋(1877年建造)が、東日本大震災で受けた被害からの復元工事を終え、2連アーチの優美な姿がよみがえった。千代田区道路公園課によると、周辺の整備が完了する4月中旬ごろには通行が可能になる。

 震災後、橋が崩れる可能性があるためいったん解体し、慎重に復元を進めた。創建当時の資料なども参照しながら、できる限り元通りの姿に戻したが、一部では新しい部材も用いた。

 橋の工事そのものは昨年秋に終わった。作業場に使っていた公園を以前の状態に戻す必要があり、まだ仮囲いが取れていないが、横の方からであれば橋の姿を見ることができる。

 橋台や路面は微妙に色の違う石を組み合わせてあり、親しみやすく明るい印象だ。親柱は白い大理石を使用してモダンな印象がある一方、灯籠のような形が和風の意匠にも見える。

 常磐橋の周辺には日本銀行本店などがある。江戸開府以前からあった木橋がルーツで、明治維新後に江戸城の石を再利用して再建された。その後、下流に「常盤橋」、上流に「新常盤橋」が建造された。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

暮らし・話題の最新記事
一覧

  • 足場崩れ停電、運転見合わせ (3/3)

     2日午後10時20分ごろ、東京都目黒区自由が丘の東急東横線自由が丘―都立大学間で、付近の工事現場の足場が崩れて電線に倒れかかり停電が発生、渋谷―武蔵小杉間が運転見合わせとなった。東急電鉄は同日中の復...

  • 水郷柳川でつるし飾り、街中彩る (3/2)

     水郷として知られる福岡県柳川市で、ひな祭りに合わせて伝統のつるし飾りで街を彩る「さげもんめぐり」が開催されている。ツルやネズミなどの人形やまりを組み合わせた色とりどりの縁起物が、訪れる人の目を楽しま...

  • 教員に生徒との私的SNSを制限 (3/2)

     児童、生徒へのわいせつ行為による教員の懲戒処分が相次いだことを受け、静岡県教育委員会は2日、教員が児童や生徒と会員制交流サイト(SNS)で私的なやりとりをした場合に、懲戒処分の対象にする方針を明らか...

  • 世界最高齢コアラ、ギネス更新 (3/2)

     兵庫県南あわじ市の観光施設「淡路ファームパーク イングランドの丘」は2日、24歳の雌のコアラ「みどり」が「史上最高齢の飼育されたコアラ」としてギネス世界記録を更新したと発表した。人間なら100歳以上...

  • 東大寺、コロナに負けずお水取り (3/1)

     奈良市の東大寺で1日、「お水取り」の名で知られ、東大寺大仏開眼の752年から途切れず「不退の行法」と言われる仏教修行「修二会」の本行が始まった。今年は新型コロナウイルスの感染拡大が試練に。僧侶らは事...