ニュース

長男刺殺の元次官、二審も実刑 正当防衛主張

2021/2/2 15:18

 東京都練馬区の自宅で2019年6月、長男=当時(44)=を刺殺したとして、殺人罪に問われた元農林水産事務次官熊沢英昭被告(77)の控訴審判決で、東京高裁(三浦透裁判長)は2日、懲役6年とした一審東京地裁の裁判員裁判判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。

 被告側は一審で起訴内容を認めたが、控訴審では正当防衛が成立するとして無罪を主張。「長男に殺されると直感し、反射的に殺害した」とし、仮に正当防衛が成立しない場合でも執行猶予付き判決が相当と訴えた。

 19年12月の一審判決は「強固な殺意に基づく危険な犯行だ」として実刑が相当とした。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • のこぎりで83歳夫を殺害疑い (3/6)

     同居する83歳の夫をのこぎりで切り付け殺害したとして、神奈川県警は6日、殺人容疑で茅ケ崎市、無職丸洋子容疑者(76)を逮捕した。「暴力やお金を入れてくれないなど長年の恨みがあった」と容疑を認めている...

  • 乳児傷害、関与疑い人物を不起訴 (3/6)

     滋賀県で2019年、乳児の腕にかみつき、けがをさせたとして県警が傷害容疑で母親(21)を誤認逮捕した問題があり、県警などの再捜査で、関与した疑いがあるとみられていた人物を大津地検が不起訴としていたこ...

  • 災害時の障害者支援不十分80% (3/6)

     東日本大震災から10年となるのを前に、共同通信が全国の障害者を対象に行ったアンケートで、災害時の国、自治体の支援が「不十分」「どちらかといえば不十分」と感じている人が計80%に上ることが6日、分かっ...

  • ローマ教皇、イラクで宗教対話 (3/6)

     【ウル共同】イラク訪問中のローマ教皇フランシスコは6日、中部ナジャフでイラクのイスラム教シーア派最高権威シスタニ師を表敬訪問した。イスラム教、キリスト教、ユダヤ教の始祖アブラハムゆかりの地とされる南...

  • 樟南高、部員に体罰は元プロ選手 (3/6)

     鹿児島市の私立樟南高は6日、野球部員への体罰で日本学生野球協会から4カ月の謹慎とされた野球部副部長が、プロ野球ロッテ元選手で同校OBの青野毅氏(38)と発表した。部員の脇腹をたたいていたことなど体罰...