ニュース

首相、五輪無観客否定せず 「安全安心が最優先」

2021/2/2 23:37
 緊急事態宣言の延長について記者会見する菅首相。右は新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長=2日午後、首相官邸

 緊急事態宣言の延長について記者会見する菅首相。右は新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長=2日午後、首相官邸

 菅義偉首相は2日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、夏の東京五輪・パラリンピックを無観客で開催する可能性を否定しなかった。「観客については今後内外の感染状況も勘案しつつ、安全、安心の大会にすることを最優先に検討を進めたい」と述べた。

 政府内では、7月23日の五輪開会式までにコロナウイルスの感染が収束しない事態を想定。無観客で開催する案が選択肢の一つとして浮上している。大会組織委員会の森喜朗会長も1月28日、大会の観客の上限や海外からの観客受け入れの可否を巡り、無観客での開催も選択肢から排除しない考えを示していた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 首相、接待問題沈静化狙う (3/3)

     菅義偉首相は3日、小野日子外務副報道官を内閣広報官に起用したのを機に、自身の長男正剛氏が関係した違法接待問題の沈静化を図る考えだ。政府内では、外務省や官邸で国際広報担当を歴任した小野氏の経験を踏まえ...

  • 緊急事態宣言、2週間程度延長へ (3/3)

     菅義偉首相は3日、首都圏1都3県に発令中の新型コロナウイルス緊急事態宣言に関し、7日の期限を2週間程度再延長する意向を表明した。理由について、病床が逼迫していることを挙げ「国民の命と暮らしを守るため...

  • 復興率、福島「80%」最高 (3/3)

     東日本大震災の津波と東京電力福島第1原発事故の被害が大きかった岩手、宮城、福島3県の42市町村で、復興全体の達成率を巡り首長間の認識に差があることが3日、共同通信のアンケートで分かった。岩手、宮城両...

  • 「風流踊」は41件で再提案へ (3/3)

     政府は3日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に関する関係省庁連絡会議で、2022年の登録を目指す「風流踊」を24都府県の計41件としてユネスコに再提案すると決めた。これまでの23都府県...

  • ドクターヘリの操縦要件見直し (3/3)

     国土交通省は4月からドクターヘリの操縦要件を見直す。新型機への更新や追加配備が相次いでおり、機種が変わっても、長時間の訓練飛行を不要とし、速やかに運用できるようにする。 ドクターヘリは自治体が所有し...