ニュース

収穫30%増、組み換えイネ 食料、環境問題解決に期待

2021/2/3 0:19
 通常のイネ(左)と遺伝子組み換え技術で収穫量が増えたイネ(名古屋大の木下俊則教授提供)

 通常のイネ(左)と遺伝子組み換え技術で収穫量が増えたイネ(名古屋大の木下俊則教授提供)

 遺伝子組み換え技術を使い、イネの収穫量を30%以上増やすことができたと、名古屋大などのチームが2日付の英科学誌に発表した。光合成や養分吸収を活発にした。窒素肥料を減らしても、通常のイネより多く収穫できた。

 木下俊則教授(植物分子生理学)は「光合成に使う二酸化炭素(CO2)と、養分の吸収を同時に増やした。この手法を使えば食料危機や、CO2による温暖化、肥料の使いすぎによる環境汚染の解決につながるかもしれない。他の植物でも収穫量を増やせないか試したい」と話した。ゲノム編集技術を使った高収穫量イネの開発も目指す。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • EU、ワクチン供給で企業に圧力 (2/26)

     【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)は25日、首脳会議を開き、新型コロナウイルス問題を集中協議した。製薬会社からのワクチン供給が契約より大幅に削減された問題について、加盟27カ国首脳は協議後の声明で...

  • 高齢者施設の感染80%減 (2/26)

     【ニューヨーク共同】米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は25日、高齢者施設の入所者らに対する新型コロナウイルスのワクチン接種が始まった昨年12月中旬と比べ、全米の施設での新規感染が今月上旬時点で80%...

  • 2回接種で91%に抗体 (2/26)

     【ロンドン共同】英大学インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究チームは25日、新型コロナウイルスのファイザー製ワクチンを2回接種した人のうち、91%に抗体が確認されたと発表した。80歳以上の人に限ると...

  • 仏原発32基、50年稼働可能 (2/26)

     【パリ共同】フランス原子力安全局(ASN)は25日、国内の原発のうち主に1980年代に稼働を始めた32基に関し、安全性強化を条件に運転期間を40年から50年に延長することを認める決定を発表した。 決...

  • 学術会議「法に従い任命求める」 (2/25)

     日本学術会議の梶田隆章会長ら幹部が25日、定例の幹事会後にオンラインで記者会見し、菅義偉首相による会員候補6人の任命拒否問題の解決を改めて要求した。6人の再任命について政権側が「任命の手続きは終了し...