ニュース

米ウーバー、酒類宅配買収 1千億円超、改革加速

2021/2/3 6:21

 【ニューヨーク共同】米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズは2日、酒類宅配サービスを手掛ける米新興企業ドリズリーを約11億ドル(約1150億円)で買収すると発表した。新型コロナウイルスの流行で主力の配車事業が低迷しており、事業構造改革を加速している。

 ドリズリーはスマートフォンのアプリを使って、客と地域の酒販店を仲介するプラットフォームを運営し、注文から1時間以内の宅配を売りに成長している。ウーバーは需要拡大が続く料理宅配サービス「ウーバーイーツ」のアプリと統合し、競争力を強化する。買収手続きは今年前半に完了する予定だ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場   1日(日本時間 7時) (3/1)

     7時現在           1ドル=             106円53銭〜          106円61銭    前日比  −0円45銭   1ユーロ=            128円60銭...

  • みずほ銀行、ATMの復旧急ぐ (3/1)

     みずほ銀行は1日、前日のシステム障害で出金などができなくなった現金自動預払機(ATM)について、午前7時の全面再開を目指して復旧作業を進めた。2月28日夜の時点では全国の拠点にある自行ATMの過半を...

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • みずほATMで障害、3千台停止 (2/28)

     みずほ銀行で28日、システム障害により、全国的に現金自動預払機(ATM)で出金などができなくなった。一時は5千台を超える自行ATMのうち過半の約3千台が停止。利用者の操作中に止まってキャッシュカード...

  • 中国吉利とボルボが合併 (2/25)

     【北京共同】中国の自動車大手、浙江吉利控股集団は24日、傘下に持つ吉利汽車と、同じくグループのスウェーデンのボルボ・カーを合併させると発表した。車の電動化やインターネットでつながる「コネクテッドカー...