ニュース

ロシア、東京五輪から除外確定 ドーピング裁定で上訴せず

2021/2/3 9:56
 国立競技場(奥)と五輪マークのモニュメント=東京都新宿区

 国立競技場(奥)と五輪マークのモニュメント=東京都新宿区

 【ジュネーブ共同】組織的なドーピング問題でロシア選手団が東京五輪・パラリンピックから除外されることが2日、確定した。処分期間を当初世界反ドーピング機関(WADA)が科した4年から2年に短縮したスポーツ仲裁裁判所(CAS)の裁定について、ロシア側、WADAの双方ともスイス連邦最高裁に上訴しなかった。

 国旗や国歌の使用が禁じられるが、違反歴や疑惑がない選手は個人資格での出場が認められる。処分期間は来年12月までで、北京冬季五輪や各競技の世界選手権も対象となる。

 ロシア反ドーピング機関(RUSADA)は先月下旬に上訴しない方針を示していた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

東京五輪の最新記事
一覧

  • 島根・丸山知事、IOCに注文 (2/28)

     島根県の丸山達也知事は28日、県の新型コロナ対策本部会議の開催後に記者団の取材に応じ、国際オリンピック委員会(IOC)や日本オリンピック委員会などを念頭に「オリンピック開催を望む人たちが東京都に(感...

  • 五輪テスト大会で選手の入国検討 (2/27)

     政府が新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の全面解除後、原則入国が停止されている海外選手について東京五輪・パラリンピックのテスト大会などに参加する場合、「特段の事情」として受け入れを検討していること...

  • 池江璃花子「今までより速く」 (2/26)

     白血病からの完全復活を目指す競泳女子の池江璃花子(ルネサンス)が26日、東京都世田谷区の日大キャンパスで練習を報道陣に公開し、東京五輪代表選考会を兼ねる4月の日本選手権に向けて「(復帰後の)今までの...

  • 組織委の橋本会長「経験生かす」 (2/25)

     東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長が25日、スポーツ庁を訪問して室伏広治長官と会談した。「(五輪相から)立場は変わったが、経験を生かしながら、皆さまに理解してもらえるようにしっかり取り...

  • 荒川と米川がボートアジア予選へ (2/25)

     ボートの東京五輪出場権獲得を目指す日本代表候補によるシングルスカル評価レース最終日は25日、埼玉・戸田漕艇場で行われ、男子は荒川龍太(NTT東日本)、女子は米川志保(トヨタ自動車)が1位となり、五輪...