ニュース

日清食品、在宅需要で最高益 カップ麺、冷凍食品好調

2021/2/3 15:07

 日清食品ホールディングスが3日発表した2020年4〜12月期連結決算は、純利益が前年同期比41・5%増の362億円、売上高に当たる売上収益が7・4%増の3738億円となり、いずれも4〜12月期として過去最高だった。新型コロナウイルス流行に伴う外出自粛で在宅需要が高まり、カップ麺や菓子、冷凍食品などの販売が伸びた。

 海外でも中国や米国を中心に自宅での食事機会が増えたことで、即席麺などが好調だった。

 21年3月期の業績予想は、売上収益が前期比6・6%増の5千億円、純利益は27・9%増の375億円と、いずれも通期として過去最高を見込んでいる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京株式  3日14時     (3/3)

    <225種>          29488円60銭      前日比  +80円43銭  <TOPIX>         1896.17        前日比 +01.32    

  • 為替相場   3日(日本時間14時) (3/3)

    14時現在           1ドル=             106円86銭〜          106円87銭    前日比  −0円02銭   1ユーロ=            129円17銭...

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 中国系ハッカーがサイバー攻撃 (3/3)

     【ニューヨーク共同】米マイクロソフト(MS)は2日、中国政府の支援を受けているとみられるハッカー集団が、企業向け電子メールソフト「エクスチェンジサーバー」の脆弱性を悪用し、攻撃を仕掛けていると発表し...

  • 東証、午前終値2万9459円 (3/3)

     3日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は前日終値を挟んで推移した上で反発した。米追加経済対策への期待から買い注文が入った。一方、米長期金利の急上昇に伴う最近の混乱を受け、再び金融市場全体が...