ニュース

イラン、英ワクチン輸入へ 今月、420万回分

2021/2/4 0:17

 【テヘラン共同】イランのナマキ保健相は3日、英製薬大手アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチンの輸入を今月から開始すると明らかにした。420万回分で、発展途上国にワクチンを供給する枠組み「COVAX(コバックス)」を通じて調達する。イラン国営メディアが報じた。

 最高指導者ハメネイ師は1月、「米国や英国は全く信用できない」として、米国や英国で製造されたワクチンの輸入を禁止すると表明。ナマキ氏はハメネイ師の発言と輸入開始の整合性について説明しなかったが、「ワクチンを政治問題化すべきではない」と述べた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 米当局が零下20度の保管容認 (2/26)

     【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)は25日、米製薬大手ファイザーの新型コロナワクチンを零下15〜25度の一般的な医療用冷凍庫で最大2週間、保管することを認めると発表した。これまで零下60〜8...

  • 2回接種で91%に抗体確認 (2/26)

     【ロンドン共同】英大学インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究チームは25日、新型コロナウイルスのファイザー製ワクチンを2回接種した人のうち、約91%に抗体が確認されたと発表した。80歳以上の人に限る...

  • EU、ワクチン供給で企業に圧力 (2/26)

     【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)は25日、首脳会議を開き、新型コロナウイルス問題を集中協議した。製薬会社からのワクチン供給が契約より大幅に削減された問題について、加盟27カ国首脳は協議後の声明で...

  • 高齢者施設の感染80%減 (2/26)

     【ニューヨーク共同】米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は25日、高齢者施設の入所者らに対する新型コロナウイルスのワクチン接種が始まった昨年12月中旬と比べ、全米の施設での新規感染が今月上旬時点で80%...

  • 仏原発32基、50年稼働可能 (2/26)

     【パリ共同】フランス原子力安全局(ASN)は25日、国内の原発のうち主に1980年代に稼働を始めた32基に関し、安全性強化を条件に運転期間を40年から50年に延長することを認める決定を発表した。 決...