ニュース

iPSから「白目の組織」作製 目の病気治療に活用期待、大阪大

2021/2/4 5:21
 人間のiPS細胞から作った結膜上皮細胞(大阪大提供)

 人間のiPS細胞から作った結膜上皮細胞(大阪大提供)

 人間の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、白目に当たる結膜の組織を作ったと、大阪大の林竜平寄付講座教授(幹細胞応用医学)らのチームが4日までに、米科学誌セルリポーツ電子版に発表した。目の表面を保護する涙の成分「ムチン」を分泌することも確認。ムチンを作る機能が低下し、目の表面が乾燥するドライアイの治療法研究に役立つと期待される。

 これまでは結膜がどうやってできてくるかが十分に分かっておらず、人工的に作るのが難しかった。林さんは「結膜を作製して実験に使うことができ、病気への研究に役立つ可能性がある」と話している。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 東京、新たに116人感染 (3/8)

     東京都は8日、新型コロナウイルスの感染者が新たに116人報告されたと明らかにした。累計は11万3571人となった。 都内は緊急事態宣言後に続いた減少のペースが鈍化。直近7日間の平均が前週を上回る日も...

  • 核ごみ住民投票条例成立、寿都町 (3/8)

     原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定を巡り、第1段階の文献調査が進む北海道寿都町の町議会で8日、第2段階の概要調査に移る際に調査受け入れの是非を問う住民投票条例が賛成多数で可...

  • 自衛隊でもワクチン優先接種開始 (3/8)

     防衛省は8日、医師や看護師などの資格を持つ自衛隊員らに対する新型コロナウイルスワクチンの接種を始めた。全国16カ所の自衛隊病院や埼玉県所沢市の防衛医科大病院の勤務者ら約6千人、災害現場の医療活動など...

  • アナフィラキシー、国内3例目 (3/7)

     厚生労働省は7日、新型コロナウイルスワクチンを接種した30代女性が、重い副反応のアナフィラキシーを発症したと発表した。投薬後に症状は改善したが、経過観察の目的で入院した。発生は国内3例目。 厚労省に...

  • 国内でコロナ感染、1065人 (3/7)

     国内で7日、新たに1065人の新型コロナウイルス感染者が確認された。首都圏では、東京237人、埼玉123人、神奈川119人、千葉113人だった。ほかに、北海道84人、大阪76人など。 死者は埼玉8人...