ニュース

ドイツの軍医、国外でコロナ治療 ポルトガル、連帯示す

2021/2/4 8:32
 3日、ポルトガル・リスボンの空港に到着し、ドイツ軍機から降りる隊員(AP=共同)

 3日、ポルトガル・リスボンの空港に到着し、ドイツ軍機から降りる隊員(AP=共同)

 【ベルリン共同】ドイツ軍は3日、軍の医師、看護師ら計26人を新型コロナウイルスの被害が深刻化しているポルトガルに派遣した。人工呼吸器50台やベッド150台などの器材を持ち込み、首都リスボンの病院でコロナ重症者を治療する。ドイツでもコロナ流行の第2波が続いているが、軍幹部は「欧州の連帯を示す時だ」と国外派遣の意義を強調した。

 報道によると、リスボンの病院は患者の増加で受け入れ能力が限界に近づき、重症者は救急車で病院に運ばれても車内で長時間、診察の順番を待っているという。ドイツ軍の医療チームは3週間滞在し、第2陣が派遣される可能性もある。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 学術会議「法に従い任命求める」 (2/25)

     日本学術会議の梶田隆章会長ら幹部が25日、定例の幹事会後にオンラインで記者会見し、菅義偉首相による会員候補6人の任命拒否問題の解決を改めて要求した。6人の再任命について政権側が「任命の手続きは終了し...

  • 東京23人死亡、340人感染 (2/25)

     東京都は25日、新型コロナウイルスの感染者が新たに340人報告されたと発表した。直近7日間で平均した1日当たりの人数は279・7人。累計は11万740人となった。60代〜100歳以上の男女23人の死...

  • 感染の10日以内発症が96%超 (2/25)

     和歌山県は25日、新型コロナウイルス感染者の96・6%が、ウイルスに接触したとみられる日から10日以内に発症したとの分析結果を発表した。県福祉保健部の野尻孝子技監は「濃厚接触者の健康観察は、2週間は...

  • 6強地震でタンク53基ずれる (2/25)

     東京電力は25日、13日に福島・宮城両県で最大震度6強を観測した地震の影響で、福島第1原発で浄化途中の汚染水や処理水などを保管しているタンク計53基にずれが見つかったと発表した。ずれは最大19センチ...

  • 日本沿岸の海面水位、過去最高 (2/25)

     気象庁は25日、昨年の日本沿岸の平均海面水位が、平年(1981〜2010年の平均値)より87ミリ高くなり、統計を開始した1906年以降、最も高くなったと発表した。暖かく体積の大きい黒潮が、関東・東海...