ニュース

被災6県の応援職員9万7千人超 発生から10年、派遣継続

2021/2/4 21:01
 兵庫県から派遣された職員から業務報告を受ける南三陸町の職員(右)=2011年5月、宮城県南三陸町

 兵庫県から派遣された職員から業務報告を受ける南三陸町の職員(右)=2011年5月、宮城県南三陸町

 東日本大震災の復興支援のため全国各地の自治体から岩手、宮城、福島など被災6県に派遣された応援職員は、2020年度までに延べ9万7千人超に上ることが4日、総務省の集計で分かった。6県を除く全41都道府県から応援が寄せられた。震災発生から10年間にわたり切れ目なく派遣を継続。人数、期間ともに過去の災害では前例がない規模で、被害の大きさが改めて浮き彫りとなった。

 国は大震災を教訓に、地震や豪雨の被災地に職員を派遣する仕組みを制度化しており、今後の災害でも迅速な派遣に取り組む考え。派遣する自治体に被災地から戻った職員が経験を防災対策強化に生かせるメリットがある。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 鹿児島の幼児2人殺害か (2/27)

     福岡、鹿児島両県で子ども3人の遺体が見つかった事件で、鹿児島県警は27日、鹿児島の幼児2人について、遺体の状況から殺害された疑いがあるとして捜査していることを明らかにした。遺体が発見されたホテルの4...

  • 栃木の山火事、消火活動を再開 (2/27)

     栃木県足利市の両崖山(251メートル)一帯の山林火災で、地元消防や陸上自衛隊が27日、消火活動を再開した。発生7日目。市によると、風が強まる予報があるものの、延焼の状況はコントロールできており、避難...

  • JRA、騎手の受給調査 (2/27)

     日本中央競馬会(JRA)の調教助手らが新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を不正受給した疑いがある問題で、JRAが騎手や調教師の受給の有無を確認するため実態調査に乗り出したことが26日、関係者へ...

  • 子ども3人死亡、男性搬送 (2/27)

     福岡県警は26日、福岡、鹿児島両県で、子ども3人の遺体が見つかったと発表した。3人の父親とみられる40代男性が病院に搬送されて治療中。両県警は身元を調べるとともに、男性が子どもの死亡に関与した疑いが...

  • 古い血痕、新手法で検出可能に (2/27)

     福井県警科学捜査研究所(科捜研)は26日、犯行現場に残されて長時間経過した血痕が、人間に由来するものだと証明する新たな検査方法を開発したと発表した。開発者の村橋将崇研究員(34)は「現場からより多く...