ニュース

消防職員自殺を労災認定、熊本 上司パワハラ被害、遺書で訴え

2021/2/5 13:28

 熊本県御船町の上益城消防組合に勤務していた男性職員=当時(46)=が2019年5月、上司からパワハラを受けたとの遺書を残して自殺した問題で、地方公務員災害補償基金熊本県支部が公務員の労災に当たる公務災害と認定したことが5日、関係者への取材で分かった。

 認定は1月25日付。同消防組合の担当者は「職場の中でこのような事態が発生し、非常に残念。認定を重く受け止める」と述べ、再発防止徹底を強調した。

 問題を調査した第三者委員会は同年3月、元消防司令で上司だった50代男性のパワハラが自殺の原因の一つと認定。消防組合は元上司を停職6カ月と2階級降格の懲戒処分にした。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 広島・呉沖でボート転覆2人不明 (3/7)

     6日午後4時40分ごろ、広島県呉市沖に釣りに出掛けていた60代と70代の男性2人が帰ってこないと知人が呉海上保安部に通報した。呉市の倉橋島から約3キロ南の沖合で2人が乗っていたとみられるプレジャーボ...

  • のこぎりで83歳夫を殺害疑い (3/6)

     同居する83歳の夫をのこぎりで切り付け殺害したとして、神奈川県警は6日、殺人容疑で茅ケ崎市、無職丸洋子容疑者(76)を逮捕した。「暴力やお金を入れてくれないなど長年の恨みがあった」と容疑を認めている...

  • 乳児傷害、関与疑い人物を不起訴 (3/6)

     滋賀県で2019年、乳児の腕にかみつき、けがをさせたとして県警が傷害容疑で母親(21)を誤認逮捕した問題があり、県警などの再捜査で、関与した疑いがあるとみられていた人物を大津地検が不起訴としていたこ...

  • 災害時の障害者支援不十分80% (3/6)

     東日本大震災から10年となるのを前に、共同通信が全国の障害者を対象に行ったアンケートで、災害時の国、自治体の支援が「不十分」「どちらかといえば不十分」と感じている人が計80%に上ることが6日、分かっ...

  • ローマ教皇、イラクで宗教対話 (3/6)

     【ウル共同】イラク訪問中のローマ教皇フランシスコは6日、中部ナジャフでイラクのイスラム教シーア派最高権威シスタニ師を表敬訪問した。イスラム教、キリスト教、ユダヤ教の始祖アブラハムゆかりの地とされる南...