ニュース

景気動向指数、2カ月連続で悪化 昨年12月、1・2ポイント下落

2021/2/5 14:58

 内閣府が5日発表した2020年12月の景気動向指数(15年=100、速報値)は、景気の現状を示す「一致指数」が前月比1・2ポイント下落の87・8となり、2カ月連続で悪化した。基調判断は「下げ止まり」を据え置いた。

 自動車の生産や出荷、設備投資が前月に比べて落ち込んだ。昨年春以降、景気の回復に寄与してきた生産の動きに「一服感が出た」(担当者)という。国内小売業の販売減や欧米向けの輸出減といった新型コロナの感染再拡大の影響もあった。

 速報値の算出には、耐久消費財の出荷指数や有効求人倍率といった景気に敏感に反応する8指標を用いており、七つがマイナスに寄与した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場   9日(日本時間20時) (3/9)

    20時現在           1ドル=             108円74銭〜          108円75銭    前日比  −0円24銭   1ユーロ=            129円40銭...

  • 21年世界成長率は5・6% (3/9)

     【ロンドン共同】OECDは9日発表した経済見通しで、世界の21年の実質経済成長率を5・6%と予測した。新型コロナワクチンの普及で、20年12月の前回予測から1・4ポイント上方修正。世界経済は21年半...

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 中国吉利とボルボが合併 (2/25)

     【北京共同】中国の自動車大手、浙江吉利控股集団は24日、傘下に持つ吉利汽車と、同じくグループのスウェーデンのボルボ・カーを合併させると発表した。車の電動化やインターネットでつながる「コネクテッドカー...

  • 円下落、対ドルで9カ月ぶり安値 (3/9)

     9日の東京外為市場の円相場は対ドルで下落し、一時1ドル=109円23銭を付けた。昨年6月以来、約9カ月ぶりの円安ドル高水準。 午後5時現在は前日比30銭円安ドル高の1ドル=108円80〜81銭。ユー...