ニュース

ロシア、茂木外相の寄稿を批判 歴史歪曲に加担と警告

2021/2/5 16:30

 【モスクワ共同】第2次大戦中に駐リトアニア領事代理としてナチス・ドイツのホロコーストから多数を救った日本の外交官杉原千畝に関し、茂木敏充外相がリトアニア外相と共同でイスラエル紙に寄稿した記事に、ロシア外務省が4日、歴史修正主義に加担していると批判、日ロ関係の悪化につながると警告した。

 記事は茂木氏とリトアニア外相が共同寄稿。1月27日の国際ホロコースト記念日にイスラエル紙に掲載された。その中で「1939年の秋、ナチスとソ連に占領されていたポーランド」「ナチスなどに欧州諸国が占領されたのと同様、リトアニアはソ連に占領された」との箇所がロシアを刺激した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 政府、皇位継承議論を開始へ (2/26)

     政府は、国会から速やかな検討を求められている安定的な皇位継承策を巡り、3月末までに本格的な検討を開始する方向で調整に入った。有識者会議の設置が念頭にあるとみられる。政府関係者が26日、明らかにした。...

  • 首相長男を懲戒処分、社長は辞任 (2/26)

     東北新社は26日、総務省幹部への接待問題で二宮清隆社長が引責辞任するとともに、菅義偉首相の長男正剛氏を懲戒処分とし、メディア事業部趣味・エンタメコミュニティ統括部長を解任、人事部付にしたと発表した。...

  • 緊急事態宣言、6府県を月末解除 (2/26)

     菅首相は26日夜、新型コロナ感染症対策本部を官邸で開き、10都府県に発令中の緊急事態宣言について岐阜、愛知の東海2県、京都、大阪、兵庫の関西3府県、福岡の計6府県を月末までで解除すると表明した。新規...

  • ネット中傷救済1年短縮も、政府 (2/26)

     政府は26日、プロバイダー責任制限法の改正案を閣議決定し、国会に提出した。インターネット上の誹謗中傷を受けた被害者の迅速な救済に向け、匿名の投稿者を特定しやすくする。被害者が投稿者を突き止めて損害賠...

  • 丸川氏の別姓反対に批判 (2/26)

     選択的夫婦別姓制度の導入に反対する自民党国会議員有志の文書に、丸川珠代男女共同参画担当相が名前を連ねていた問題を巡り、野党幹部から26日、菅義偉首相の任命責任を問うなど批判の声が相次いだ。選択的夫婦...