ニュース

東大の感染経路ソフト、インドへ 通信記録で解析、試験導入

2021/2/5 16:47

 携帯電話やスマートフォンの通信記録から人の移動を分析する東京大のソフトウエアが、新型コロナウイルス感染経路の分析のため、インドで試験導入されることが5日、分かった。アジア防災センター(神戸市)が仲介し、3月末までの開始を目指す。

 ソフトウエアは東京大の柴崎亮介教授(空間情報工学)のグループが2013年ごろから開発し改良を続けている。アフリカでエボラ出血熱の感染拡大を分析した実績がある。インドの新型コロナ感染者は昨年12月、1千万人を突破。世界銀行が昨年、最新技術を活用した同国での感染対策事業を公募し選定された。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 医師ら優先接種用ワクチン配送へ (3/1)

     新型コロナウイルスワクチンの輸入第3便が1日、全日空機でベルギーから成田空港に到着した。米製薬大手ファイザー製で最大52万6500回分(1瓶当たり6回分の場合)。コロナ患者の治療や搬送に関わる医療従...

  • 国内で999人感染、30人死亡 (2/28)

     国内では28日、新たに999人の新型コロナウイルス感染が確認された。東京329人、千葉132人、神奈川131人など。死者は埼玉と東京で各6人、福岡4人など計30人。厚生労働省によると、重症者は前日か...

  • 東京、2月も1万人超感染 (2/28)

     東京都は28日、新型コロナウイルスの感染者が新たに329人報告されたと発表した。2月の都内は計1万997人となり、昨年12月から3カ月連続で1万人を超えたが、月ごとの最多だった今年1月の4万367人...

  • フィリピンにワクチン初到着 (2/28)

     【マニラ共同】中国の製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)が開発した新型コロナウイルスのワクチンが28日、フィリピン・マニラの空軍基地に到着した。中国が供与した60万回分で、中国空軍...

  • 埼玉で6人の死亡確認 (2/28)

     埼玉県で28日、新型コロナウイルスに感染していた6人の死亡と、男女97人の感染が確認された。県とさいたま、川口、川越、越谷の各市が発表した。  県によると、クラスター(感染者集団)が発生した県内の医...