ニュース

九大教授の急死、労災を認定 遺族が損害賠償求め提訴

2021/2/5 17:25

 九州大大学院教授の50代男性が14年に急死したのは過重な労働が原因だったとして、福岡中央労働基準監督署が労災認定していたことが、5日までに分かった。妻ら遺族は4日付で、大学法人に約8400万円の損害賠償を求め福岡地裁に提訴した。

 訴状などによると、男性は複数のキャンパスでの講義などや、大学の国際化を進める企画の総括などを担当。学内で突然体調を崩し、14年7月に大動脈解離で死亡した。

 労基署は18年、男性の発症前1カ月間の時間外労働が、過労死ラインとされる月100時間を超える119時間だったと判断した。

 九大は取材に「担当者がおらずお答えできない」とした。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 「踊り子」備品紛失相次ぐ (2/25)

     東京駅と静岡県・伊豆半島を結ぶ特急「踊り子」などで使われ、近く引退する旧国鉄時代の車両「185系」で、行き先表示幕などの備品の紛失が相次いでいることが25日、JR東日本への取材で分かった。業務中にな...

  • 運航会社元幹部らに実刑 (2/24)

     【イスタンブール共同】元日産自動車会長カルロス・ゴーン被告をトルコ経由でレバノンに逃亡させたとして、トルコで起訴されたジェット機運航会社の元幹部ら7人に対する判決公判が24日、イスタンブールの裁判所...

  • ハンセン病、患者名や住所流出か (2/24)

     明治時代に調査されたハンセン病患者の名前や住所が記載されたとみられる資料が、ネットのオークションサイトに一時出品されていたことが24日、長野県などへの取材で分かった。出品は既に削除されたが、有識者は...

  • NHK映らなくても契約義務 (2/24)

     NHKの放送だけ映らないように加工したテレビを購入した東京都の女性が、NHKと受信契約を結ぶ義務がないことの確認を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は24日、請求を認めた一審東京地裁判決を取り消し、...

  • 調教助手ら100人前後が受給 (2/24)

     茨城県美浦村と滋賀県栗東市にある日本中央競馬会(JRA)のトレーニングセンターで働く調教助手らが、新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を不正受給した疑いがある問題で、日本調教師会が調教助手ら約2...

ニュース アクセスランキング

  • 集計中です