ニュース

全てのサンゴ礁、消失の危機 今世紀中にと国連報告書

2021/2/6 9:17
 サンゴ礁の白化現象が深刻化したオーストラリアのグレートバリアリーフ=2018年1月(THE OCEAN AGENCY提供・共同)

 サンゴ礁の白化現象が深刻化したオーストラリアのグレートバリアリーフ=2018年1月(THE OCEAN AGENCY提供・共同)

 【ニューヨーク共同】地球温暖化に伴う海水温の上昇により、今世紀中に世界の海で全てのサンゴ礁が消失する恐れがあるとの報告書を国連環境計画(UNEP)が5日までにまとめた。国際社会が化石燃料への依存を続けると、2034年にはサンゴ礁の死滅につながる白化現象が常態化、消失の危機が高まると警告した。

 日本では沖縄県や鹿児島県、東京・小笠原諸島などにサンゴ礁が分布している。報告書は「日本の周辺海域でも24年に白化が常態化する可能性がある」としている。

 報告書はこのまま化石燃料への依存を続けると、毎年のように深刻な白化が起きると予想した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 20都道府県がステージ3以上 (2/27)

     厚生労働省が27日までに発表した新型コロナ感染状況の指標によると、病床の逼迫度を示す確保想定病床の使用率は、月末までで緊急事態宣言が解除される岐阜、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の6府県を含む計20都...

  • 福井恐竜博物館、化石が500点 (2/27)

     開館20周年を迎えた福井県立恐竜博物館(勝山市)は27日、同市の約1億2千万年前(白亜紀前期)の地層で見つかった恐竜や動物の展示をリニューアルした。8種の恐竜化石など約500点が並び「これまでの発掘...

  • 東京337人感染、15人死亡 (2/27)

     東京都は27日、新型コロナ感染者が新たに337人報告されたと発表した。直近7日間の平均では1日当たり269・3人となり、26日時点より微増した。60〜90代の感染者15人の死亡も確認され、死者累計は...

  • ワクチン接種、正確な情報を要求 (2/27)

     全国知事会が27日開いたオンライン会合で、新型コロナウイルスワクチン接種に関する情報の遅れや度重なる日程変更など、政府対応への不満が噴出した。接種の体制整備に取り組む自治体の財源不足も判明。知事会は...

  • 東電、原発賠償額が10兆円超へ (2/27)

     福島第1原発事故を起こした東京電力による賠償支払額の累計(除染費用を含む)が、2021年度にも10兆円を超える見通しになったことが27日、分かった。避難に伴う慰謝料や営業損害などに対する支払額は2月...