ニュース

千葉で鳥インフル、県内6例目 養鶏場、42万羽殺処分へ

2021/2/6 9:18

 千葉県は6日、旭市の養鶏場で鳥インフルエンザ感染が確認されたと明らかにした。県内の農場での発生は今季6例目で、県は約42万羽の殺処分を進める。

 県によると、5日に鶏舎2棟のうち1棟で約20羽がまとまって死んでいるのが見つかり、簡易検査で陽性と判明。遺伝子検査の結果、鳥インフルエンザと確認された。

 この養鶏場は採卵用になる前のニワトリを育成していた。県は今後、周辺の養鶏場を検査する。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 逃亡手助け米親子が到着 (3/2)

     元日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(66)=入管難民法違反容疑で逮捕状=のレバノン逃亡を手助けしたとして、東京地検特捜部が犯人隠避の疑いで逮捕した米国籍の親子2人が2日午後、米東部ボストンから成田...

  • 石垣島沖で中国船転覆、7人漂流 (3/2)

     第11管区海上保安本部によると2日午前、沖縄・石垣島北方の海上で転覆した中国籍の船を見つけた。海保が漂流者7人を発見、巡視船が救助に向かった。 同本部によると、乗組員は10人との情報がある。場所は石...

  • 5歳男児衰弱死させた疑い、福岡 (3/2)

     福岡県篠栗町で昨年4月、衰弱している碇翔士郎ちゃん=当時(5)=を放置して死なせたとして、県警が保護責任者遺棄致死の疑いで母親の利恵容疑者(39)と知人の無職赤堀恵美子容疑者(48)を逮捕したことが...

  • 署名の事務局幹部が聴取認める (3/2)

     愛知県の大村秀章知事のリコール運動を巡る署名偽造問題で、県警から任意で事情聴取を受けていたと報じられた運動事務局幹部が2日、報道陣の取材に「警察に協力している」と述べ、聴取の事実を認めた。署名偽造に...

  • ゴーン被告逃亡支援の米親子逮捕 (3/2)

     元日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(66)=入管難民法違反容疑で逮捕状=が保釈中、レバノンに逃亡した事件で、東京地検特捜部が米国籍親子の身柄の引き渡しを受け、犯人隠避の疑いで逮捕したことが2日、関...