ニュース

「過ち正す一歩」とイラン 米のイエメン内戦対応

2021/2/7 7:35

 【テヘラン共同】バイデン米大統領がイエメン内戦でサウジアラビア主導の連合軍に対する軍事支援を停止する方針を表明したことについて、イラン外務省報道官は6日の声明で「政治的な駆け引きでなければ、過去の過ちを正す一歩になる可能性がある」と前向きに捉える考えを示した。

 トランプ前米政権下で米イラン関係は極端に悪化した。イランはバイデン政権に対し、イラン核問題やイエメン内戦への対応など中東政策を転換するよう要求している。

 イエメンでは、内戦に介入したサウジと親イラン武装組織フーシ派が交戦して多くの市民が犠牲になり、「世界最悪の人道危機」(国連)に陥っている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • ニュージーランド沖でM6・9 (3/5)

     【シドニー共同】米地質調査所(USGS)によると、ニュージーランド沖で5日午前2時27分(日本時間4日午後10時27分)ごろ、マグニチュード(M)6・9の地震があった。震源はニュージーランド北島の北...

  • メーガン妃、混血「懸念された」 (3/8)

     【ロサンゼルス共同】英王室の公務を昨年引退したヘンリー王子(36)の妻メーガン妃(39)は7日放映の米CBSテレビのインタビューで、アフリカ系の血を引くメーガン妃が長男アーチーちゃん(1)を妊娠した...

  • スイスで「顔隠す衣装」禁止 (3/8)

     【ジュネーブ共同】スイスで7日実施された国民投票で、イスラム教徒の女性が頭から全身を覆う「ブルカ」や目の部分だけを出すベールの「ニカブ」など、顔を隠すものを公の場で着用することを禁じる提案が、賛成5...

  • 新型コロナで「児童婚」増加も (3/8)

     【ニューヨーク共同】国連児童基金(ユニセフ)は7日、新型コロナウイルス流行の影響により、18歳未満で結婚する「児童婚」を強いられる少女が世界的に増加する恐れがあると発表した。これまでは2030年まで...

  • ローマ教皇、クルド自治区でミサ (3/8)

     【アルビル共同】イラク訪問中のローマ教皇フランシスコは7日、北部クルド人自治区の中心都市アルビルで大規模ミサを執り行った。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、3万人収容のスタジアムで参加者を最大1...