ニュース

千葉で8例目鳥インフル 鶏25万羽殺処分へ

2021/2/8 5:03

 千葉県は8日、匝瑳市の養鶏場で鳥インフルエンザが確認されたと発表した。同県の農場での発生確認は今季8例目で、3日連続。飼育している全約25万羽を殺処分する。今季の累計の殺処分数は県内で飼育する採卵鶏の3割超となった。

 県によると、7日正午ごろ、鶏舎1棟で、複数羽がまとまって死亡しているのが見つかったと養鶏場から通報があった。県の簡易検査で陽性が確認され、8日未明に遺伝子検査で陽性が確定した。採卵用の鶏を飼育している。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 古い血痕、新手法で検出可能に (2/26)

     福井県警科学捜査研究所(科捜研)は26日、犯行現場に残されて長時間経過した血痕が、人間に由来するものだと証明する新たな検査方法を開発したと発表した。開発者の村橋将崇研究員(34)は「現場からより多く...

  • 災害援護資金、4割が滞納 (2/26)

     東日本大震災の被災者の生活再建に向けて貸し付けられた災害援護資金を巡り、返済期日を迎えた世帯の約4割が滞納していることが26日、共同通信のアンケートで分かった。津波や東京電力福島第1原発事故の被害が...

  • 栃木山火事、焼失6ヘクタール増 (2/26)

     栃木県足利市の両崖山(251メートル)一帯の山林で起きた火災は26日、発生から6日目を迎えた。焼失面積は午後1時時点で約106ヘクタールとなり、25日午後2時時点から6ヘクタール増えた。足利市の和泉...

  • 海保大型巡視船が初入港、鹿児島 (2/26)

     鹿児島海上保安部所属の大型巡視船「あかつき」(約6500トン)が26日、鹿児島市の鹿児島港に初入港した。ヘリコプターを搭載可能で、機関砲も装備。海保では最大クラスとなる。沖縄県・尖閣諸島などの離島や...

  • 東北新幹線、損傷は約940カ所 (2/26)

     JR東日本は26日、福島、宮城両県で震度6強を観測した13日の地震で東北新幹線が受けた被害をまとめ、電柱や高架橋の柱、架線の金具など計約940カ所が損傷したと発表した。福島―白石蔵王(宮城)間に集中...