ニュース

為末氏「森会長の処遇の検討を」 女性蔑視発言で意見表明

2021/2/8 18:10
 為末大さん

 為末大さん

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長による女性蔑視発言に関し、陸上男子400メートル障害の世界選手権銅メダリストで五輪に3度出場した為末大さん(42)が8日、自身の公式サイトで「私はいかなる性差別にも反対します。そして、理事会での森会長の処遇の検討を求めます」と意見を表明した。

 為末さんは「沈黙は賛同である」という指摘を受け、自分が明確な意見を表明していないことを反省したという。東京大会のコンセプトである「多様性と調和」には「ジェンダーギャップで大きな課題があると言われている日本が覚悟を持って発するべきメッセージと感じた」と説明した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 大リーグ、有原は初登板で3失点 (3/3)

     【グレンデール(米アリゾナ州)共同】米大リーグは2日、各地でオープン戦が行われ、レンジャーズの有原はホワイトソックス戦に初登板し、1回1/3(一、二回ともに途中終了)を投げて3ランを浴びるなど5安打...

  • 宮沢はスプリント予選敗退 (2/25)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は25日、ドイツのオーベルストドルフで距離スプリント・クラシカルが行われ、男子(1・5キロ)は29歳で5大会連続代表の宮沢大志...

  • 大谷、6日にオープン戦初登板 (3/3)

     【テンピ(米アリゾナ州)共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平のオープン戦初登板が5日午後1時5分(日本時間6日午前5時5分)開始予定の敵地でのアスレチックス戦に決まった。マドン監督が2日に公表した...

  • マリナーズ菊池は2回1失点 (3/3)

     ▽マリナーズ―インディアンス(2日・ピオリア) マリナーズの菊池は先発して2回を投げ、1安打1失点、3三振1四球で負け投手になった。試合は八回表までで1―6だった。(共同)

  • 高梨沙羅、ラージヒル予選3位 (3/3)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第6日は2日、ドイツのオーベルストドルフでジャンプ女子個人ラージヒル(ヒルサイズ=HS137メートル)の予選が行われ、高梨沙羅は12...