ニュース

人出の状況、デジタル看板で表示 東京・主要駅、抑制促す

2021/2/8 20:37
 新宿駅の昼の人出が昨年1月と比べ25%減少したことを示すデジタルサイネージ=8日午後、東京都新宿区

 新宿駅の昼の人出が昨年1月と比べ25%減少したことを示すデジタルサイネージ=8日午後、東京都新宿区

 東京都は8日、繁華街の3密(密閉、密集、密接)を回避する新型コロナウイルス対策として、昼間の人出の状況を主要ターミナル駅周辺のデジタルサイネージ(電子看板)で発信する取り組みを始めた。感染拡大前の昨年1月の平均値と比較した当日午後0時台の増減率を表示。夜間に比べて減少が見られない昼間の人出に焦点を当て、抑制を促す狙い。

 表示場所は新宿、渋谷、池袋、新橋の4駅周辺で計10カ所。30カ所まで順次拡大し、帰宅時間に合わせて午後6時から映し出す。JR新宿駅西口地下広場のスクリーンには午後6時ごろ「25%減」と表示され、都が呼び掛ける出勤者の7割削減は厳しい状況。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

暮らし・話題の最新記事
一覧

  • 9個のリンゴ「ふじ」はどれ? (2/27)

     どれが「ふじ」か分かるかな? 青森県観光企画課のツイッターアカウントが投稿した、9個のリンゴの中から県産の「ふじ」を選ぶ画像が話題を集めている。ネット閲覧者がロボットではないと確認、認証するシステム...

  • 改正特措法に基づき初の文書要請 (2/26)

     東京都は26日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言下で午後8時までの営業時間の短縮要請に応じていない都内の飲食店など34店舗に対し、書面で改めて時短営業を要請した。神奈川県も同様に県内の42店舗に時短...

  • 夜の水戸・偕楽園、新たな表情 (2/26)

     日本三名園の一つ、水戸市の偕楽園の梅まつりに合わせた展覧会「チームラボ偕楽園光の祭」の内覧会が26日、開かれた。1500本の梅の木を使い、人が近くを通ると梅が強く照らされて音色が響くなど幻想的な8作...

  • 6府県、イベントや時短段階緩和 (2/26)

     2月末に緊急事態宣言が解除される6府県では、イベント開催や飲食店の営業時間などの制限が段階的に緩和される。当面は約1カ月の経過措置として、これまで5千人だったイベントの人数上限を最大1万人まで拡大。...

  • 東京都、7カ月連続で人口流出 (2/25)

     総務省が25日公表した1月の人口移動報告(外国人含む)によると、新型コロナの感染状況が厳しい東京都は、転出者が転入者を1490人上回り、人口流出に当たる「転出超過」となった。転出超過は昨年7月から7...