ニュース

米国、国連人権理事会に復帰へ 18年に離脱、方針転換

2021/2/8 23:21

 【ワシントン、ジュネーブ共同】ブリンケン米国務長官は8日声明を発表し、2018年に離脱した国連人権理事会に、オブザーバーとして復帰することを明らかにした。AP通信によると、今後は地域ごとに選出される47理事国への復帰も目指しており、バイデン政権での方針転換が人権外交の面でも鮮明に示された。

 トランプ前政権は人権理の理事国だった18年に、人権理に「イスラエルへの慢性的な偏見」があると主張し離脱していた。

 声明でブリンケン氏は、離脱後に米国のリーダーシップが損なわれたと振り返り「適正に機能すれば、人権理は不正義と専制政治と闘うための重要な舞台になる」とした。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • 米、ジェンダー平等へ大統領令 (3/9)

     【ワシントン共同】バイデン米大統領は8日の国際女性デーに合わせ、女性に対する差別の根絶と男女の機会均等促進を目的とする新組織のホワイトハウス内への設置と、教育現場から性暴力を根絶するための政策見直し...

  • ニュージーランド沖でM6・9 (3/5)

     【シドニー共同】米地質調査所(USGS)によると、ニュージーランド沖で5日午前2時27分(日本時間4日午後10時27分)ごろ、マグニチュード(M)6・9の地震があった。震源はニュージーランド北島の北...

  • メディア5社の免許剥奪 (3/9)

     【ヤンゴン共同】クーデターで全権を掌握したミャンマー国軍は8日、国営テレビを通じ、放送局など国内五つの独立系メディアの免許を剥奪したと発表した。全土で連日抗議デモが続く中、メディア規制を強化して情報...

  • イラン、米と対話に向け新提案 (3/8)

     【テヘラン共同】イランが核合意の正常化に向け、米国の制裁解除とイランの核開発制限を同時並行で段階的に進める新提案を、近く仲介役のEUを通じて米政権に示す方向で調整していることが8日、イラン政府筋の話...

  • 海警法は「強軍思想」貫徹のため (3/8)

     【北京共同】中国で開かれている全国人民代表大会(全人代=国会)で8日、栗戦書常務委員長(国会議長)が立法活動を振り返る報告を行い、海警局に武器の使用を認めた海警法の制定は、習近平国家主席の「強軍思想...