ニュース

大リーグ機構、低反発球導入へ 増加傾向の本塁打抑制、今季から

2021/2/9 10:13
 大リーグの従来の使用球=2020年7月、米カンザスシティー(AP=共同)

 大リーグの従来の使用球=2020年7月、米カンザスシティー(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米大リーグ機構が増加傾向にある本塁打数の抑制を目指し、今季から低反発球を導入することを全30球団に通達したと8日、複数の米メディアが報じた。ボールの大きさを変えずに重さを最大2・8グラム軽くすることで、飛距離を抑えるという。従来のボールで375フィート(約114メートル)飛んでいた打球は、飛距離が1フィート(約30センチ)〜2フィートほど落ちるとのデータが示された。

 近年は打球に角度を付けて長打を狙う「フライボール革命」が浸透し、2019年にはリーグ全体で史上最多の6776本塁打を記録した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 宮沢はスプリント予選敗退 (2/25)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は25日、ドイツのオーベルストドルフで距離スプリント・クラシカルが行われ、男子(1・5キロ)は29歳で5大会連続代表の宮沢大志...

  • 複合男子の渡部暁が「銅」 (3/5)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第8日は4日、ドイツのオーベルストドルフで行われ、複合男子個人ラージヒルで、渡部暁斗(北野建設)が3位に入った。2017年から3大会...

  • J1、6日の鹿島戦も中止に (3/4)

     サッカーのJリーグは4日、大阪府吹田市のパナソニックスタジアム吹田で6日に予定されていたJ1のG大阪―鹿島戦を中止にすると発表した。G大阪が4日までに実施した新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査...

  • 15日にチケット販売開始 (3/4)

     ラグビーの2023年ワールドカップ(W杯)フランス大会組織委員会は4日、オンライン会見でチケットの販売概要を発表し、事前販売を15日、一般販売は4月6日からそれぞれ始めることを明らかにした。計260...

  • 日1―6西(4日) (3/4)

     西武は開幕投手に決まっている高橋が5回無失点と順調な仕上がりを見せた。山川が一回の3ランを含む2安打を放った。森も2安打1打点をマークした。日本ハムは先発ローテーション入りを目指す金子が3回4失点と...