ニュース

人権団体「金メダル級女性蔑視」 森氏批判相次ぐ

2021/2/9 10:17
 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長=4日

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長=4日

 【ジュネーブ共同】東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長による女性蔑視発言に、国内外の人権団体や性的少数者の支援組織から批判が相次いでいる。

 国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチは5日、「金メダル級の女性蔑視」と酷評。「森氏の発言は日本政府が女性差別・蔑視問題について早急に改革に乗り出すべきことを示している。その第一歩としてスポーツ界から取り組むことも重要ではないか」とした。

 国際人権NGOのヒューマンライツ・ナウは、組織委が森氏に辞任を求めることなどを要求する声明を8日に発表した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • スキー複合男子団体、日本4位 (3/1)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第5日は28日、ドイツのオーベルストドルフで行われ、複合男子団体に永井秀昭(岐阜日野自動車)渡部善斗、渡部暁斗(ともに北野建設)山本...

  • 宮沢はスプリント予選敗退 (2/25)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は25日、ドイツのオーベルストドルフで距離スプリント・クラシカルが行われ、男子(1・5キロ)は29歳で5大会連続代表の宮沢大志...

  • 独1部リーグ、遠藤渓は出番なし (3/1)

     【ケルン(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグで28日、ウニオン・ベルリンの遠藤渓太はホームのホッフェンハイム戦でベンチ入りしたものの出場機会がなかった。チームは1―1で引き分けた。

  • 吉田麻也フル出場、チームは敗北 (2/28)

     【ミラノ(イタリア)共同】サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)で28日、サンプドリアの吉田麻也はホームのアタランタ戦にセンターバックでフル出場した。試合は0―2で敗れた。

  • 加藤聖五は1回目で途中棄権 (2/28)

     アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は28日、ブルガリアのバンスコで男子大回転第8戦が行われ、世界選手権で18位と健闘した加藤聖五(野沢温泉ク)は1回目で途中棄権に終わった。 世界選手権覇者のマチ...