ニュース

教諭わいせつの対応を調査へ 札幌市教委、5年前に被害訴え

2021/2/10 10:35

 札幌市教育委員会が28年前の教え子へのわいせつ行為で50代男性教諭を懲戒免職処分にしたことを巡り、約5年前に被害の訴えがあったにもかかわらず処分しなかった当時の対応が適切だったかどうか調査する方針であることが10日、市教委への取材で分かった。

 今後はわいせつ行為があったかどうか判断するのが困難な場合に、第三者委員会を設置して調べる方針も固めた。

 元教え子の石田郁子さん(43)=東京都=は2016年に元教諭への懲戒処分を申し入れたが、市教委は元教諭が否定しており事実認定ができないとして当時は処分を見送った。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 性犯罪者届け出義務違反か (3/1)

     女児への強制わいせつなどの罪で起訴された大阪府の無職男が、性犯罪の前科があるのに住所などの届け出を知事にせず、府の「子どもを性犯罪から守る条例」違反の疑いがあることが1日、府警への取材で分かった。こ...

  • 震災移転跡地27%用途決まらず (3/1)

     東日本大震災後、岩手、宮城、福島3県の市町村が高台などに集団移転する住民から買い取った跡地のうち、少なくとも27%に当たる計568ヘクタールの用途が決まっていないことが1日、共同通信のアンケートで分...

  • 両陛下、震災復興で進講受ける (3/1)

     天皇、皇后両陛下は1日、住まいの赤坂御所で、復興庁の由木文彦事務次官らから、発生から10年を迎える東日本大震災の被災地復興状況に関する進講を受けられた。宮内庁は同日、天皇陛下がオンラインで岩手県を見...

  • 飯塚市、見守り必要な家庭と認識 (3/1)

     福岡、鹿児島両県できょうだい3人の遺体が見つかった事件で、3人が両親と暮らしていた福岡県飯塚市の片峯誠市長らが1日、記者会見し、一家は「見守りが必要な家庭」との認識があり、職員らが親と接触を続けてい...

  • 日本に危険行為やめろと中国 (3/1)

     【北京共同】中国外務省の汪文斌副報道局長は1日の記者会見で、外国公船が沖縄県・尖閣諸島への上陸を強行すれば、武器使用により相手の抵抗を抑える「危害射撃」が可能になる場合があるとの見解を日本政府が示し...