ニュース

中国の卸売物価指数1年ぶり上昇 1月、需要回復を反映

2021/2/10 11:38

 【北京共同】中国国家統計局は10日、1月の工業品卸売物価指数(PPI)は前年同月比で0・3%上昇したと発表した。プラスに転じるのは1年ぶり。新型コロナウイルスによる打撃から国内需要の回復が進んだことに加え、鉄鉱石などの国際商品価格の値上がりが影響したとしている。

 足元では原油価格の上昇に伴い、エネルギー関連や化学製品が上昇しているという。

 同時に発表した1月の消費者物価指数(CPI)は0・3%下落し、2カ月ぶりにマイナスに転じた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • NY株続伸、最高値更新 (2/25)

     【ニューヨーク共同】24日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は4営業日続伸し、前日比424・51ドル高の3万1961・86ドルと、過去最高値を5営業日ぶりに更新して取引を終えた。米インフレ...

  • NY円、105円後半 (2/25)

     【ニューヨーク共同】24日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比57銭円安ドル高の1ドル=105円79〜89銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・2165〜75ドル、128円81〜91...

  • 為替相場  25日(日本時間 7時) (2/25)

     7時現在           1ドル=             105円83銭〜          105円84銭    前日比  −0円27銭   1ユーロ=            128円76銭...

  • NY株式  24日終値     (2/25)

    <ダウ工業30種平均>      31961.86       前日比 +424.51  

  • 米ゼロ金利24年以降継続も (2/25)

     【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は24日の米下院の金融委員会で、平均2%の物価上昇率目標を達成するには「3年以上かかるかもしれない」と述べた。FRBは既に昨年、事実上の...

ニュース アクセスランキング

  • 集計中です