ニュース

建築現場の床抜け2人死傷、東京 港区の高層ビル

2021/2/10 13:14

 10日午前9時20分ごろ、東京都港区三田3丁目のビル建築現場で「作業員2人が鉄板の下敷きになった」と119番があった。警視庁三田署によると、8階部分にあった仮設置の床が抜けて建築資材ごと落下したとみられ、男性作業員1人が死亡、もう1人の男性が骨折などの重傷を負った。

 現場では42階建てビルを建設中で、床が8階から5階部分まで落下。死亡した男性は6階で作業中、巻き込まれて下敷きになったとみられる。署が床が抜けた原因や、工事の手順に問題がなかったかどうか調べている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 元派遣社員の請求棄却 (2/25)

     正社員にのみ通勤手当が支給されるのは不合理な待遇格差を禁じた労働契約法20条に反するとして、リクルートホールディングスのグループ会社「リクルートスタッフィング」(東京)に対し、元派遣社員の40代男性...

  • スポニチ記者が申請勧誘 (2/25)

     日本中央競馬会(JRA)の調教助手や厩務員が新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を不正受給した疑いがある問題で、スポーツニッポン新聞社大阪本社編集局レース部で、競馬を担当していた記者が、申請の勧...

  • 福島の会津美里町長を逮捕 (2/25)

     福島県警は25日、町営住宅解体工事の指名競争入札に絡み、予定価格を業者側に漏らすなどしたとして、官製談合防止法違反などの疑いで、同県会津美里町長の渡部英敏容疑者(80)ら2人を逮捕した。 県警捜査2...

  • 群馬・桐生で山林火災 (2/25)

     25日午前10時ごろ、群馬県桐生市黒保根町上田沢で山林が燃えていると近くの住民が119番した。消防などによると、火災は広範囲に拡大している。けが人や住宅への延焼は確認されていない。県警が住民に注意を...

  • 山火事、避難勧告200世帯に (2/25)

     栃木県足利市の両崖山(251メートル)一帯の山林で起きた火災は25日、発生5日目となったものの、延焼が続いた。足利市は、新たに市内の30世帯に避難勧告を出し、勧告対象は計約200世帯に拡大した。消防...