ニュース

ラニーニャ、春に終息へ 今冬の大雪招く

2021/2/10 18:01

 気象庁は10日、南米ペルー沖で海面水温が低くなり、世界的な異常気象の原因とされる「ラニーニャ現象」が春にも終息し、平常に戻る可能性が高いとする監視速報を発表した。現在のラニーニャ現象は昨夏から続き、今冬の日本海側を中心とした大雪を招いた要因の一つと考えられている。

 気象庁によると、監視対象になっているペルー沖の1月の海面水温は、基準値より0・5度低い25・1度だった。月ごとの基準値より0・9〜1・2度低い状態が続いた昨年9〜12月に比べ、水温が基準値に近づきつつある。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 接種でアナフィラキシー2例目 (3/7)

     厚生労働省は6日、新型コロナウイルスワクチンを接種した20代の女性が、血圧低下や息苦しさなどのアナフィラキシーの症状を起こしたと発表した。国内では約4万6千人にワクチンが接種され、発生は2例目。投薬...

  • 火星探査車が走行試験に成功 (3/6)

     米航空宇宙局(NASA)は6日、火星に着陸した探査車パーシビアランスが初の走行試験に成功したと発表した。探査車のタイヤの跡が残っている画像も公開した。 NASAによると、試験は米時間の4日、探査車の...

  • コロナ感染、18県で拡大傾向 (3/6)

     厚生労働省が6日までに発表した全国の新型コロナウイルス感染状況の指標によると、1週間の新規感染者数の前週比は18県で1以上となった。12県だった前週から拡大傾向にあり、注視する必要がありそうだ。 厚...

  • 原発被災地に「調整役」、福島 (3/6)

     放射性物質の環境汚染から経済繁栄に転じた米国・ハンフォード地域を手本に、東京電力福島第1原発事故の被災地で産官学の調整役となる民間組織「福島浜通りトライデック」が6日、設立した。福島県の沿岸住民が望...

  • コロナ向け自己服用に米当局警鐘 (3/6)

     【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)は5日、抗寄生虫薬「イベルメクチン」を新型コロナウイルス感染症の治療や予防のために自己判断で服用しないようウェブサイトで警鐘を鳴らした。動物用薬を服用して入...