ニュース

福島のコメ検査緩和、8割弱支持 過去最高、消費者団体の県民調査

2021/2/10 18:50

 東京電力福島第1原発事故後に福島県が県産米の「全量全袋」で実施していた放射性物質検査に関し、検査体制の緩和を支持する県民が76・3%と過去最高となったことが10日、県消費者団体のアンケートで分かった。2015年の時点では18・2%だった。同団体は「安全性などの理解が進んでいることの表れではないか」と分析している。

 県は原発事故を受け、県産米の全量全袋検査を12年から開始。15年産から5年間で基準値超えはなく、20年産から避難指示が出た地区などを除き、一定の地域ごとの「抽出」方式に移行した。

 福島県消費者団体連絡協議会が昨夏、県民1229人に調査した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • コロナ禍の避難所設営訓練、福井 (2/27)

     福井県高浜町は27日、新型コロナウイルスが流行する中で関西電力高浜原発4号機(同町)で事故が起きたと想定し、各地区の区長ら約70人が参加し避難所設営訓練をした。 若狭湾沖で震度5弱の地震が発生し、高...

  • 米国で3例目ワクチン実用化へ (2/27)

     【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は26日、米医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチンの緊急使用の許可を勧告した。FDAは近日中に許可する見...

  • 一般接種、7月以降本格化 (2/26)

     河野太郎行政改革担当相は26日、65歳以上の高齢者3600万人に必要な新型コロナウイルスワクチンを6月末までに全国の自治体へ配送を完了させる方針を示した。これを受け、多くの自治体で65歳未満の一般住...

  • 国連、パリ協定「達成ほど遠い」 (2/26)

     国連の気候変動枠組み条約事務局は26日、2020年末までに提出された48の国と地域の温室効果ガス削減目標について「パリ協定の目標達成からはほど遠い水準で、各国がさらに削減目標を強化する必要がある」と...

  • 国内1056人感染、80人死亡 (2/26)

     国内で26日、新たに1056人の新型コロナウイルス感染者が確認された。東京270人、神奈川117人、千葉113人など。死者は東京30人、埼玉9人、千葉7人など計80人が確認された。厚生労働省によると...