ニュース

岩手、福島で事業所が大幅減 宮城は増、復興が二極化

2021/2/10 21:29

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の被害が大きかった岩手、福島両県の市町村で、企業の本社や工場、個人商店といった民営事業所が大幅に減ったことが10日、政府統計で分かった。震災前の2009年と19年を比べ、岩手の12市町村の合計は16・8%減、福島の15市町村は11・8%減。対照的に宮城の15市町は、仙台市の増加が際立ち1・7%増えた。震災から9年11カ月。産業面の復興で二極化が進んだ。

 岩手と福島の計27市町村は津波が押し寄せた沿岸部や第1原発の周辺に位置する。人口が減少した自治体が多く、企業が撤退したり、個人事業主が店を畳んだりしたとみられる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京円、106円台後半 (3/2)

     2日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=106円台後半で取引された。 午前10時現在は前日比29銭円安ドル高の1ドル=106円88〜89銭。ユーロは05銭円高ユーロ安の1ユーロ=128円67〜6...

  • 1月の有効求人、上昇1・10倍 (3/2)

     厚生労働省が2日発表した1月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月比0・05ポイント上昇して1・10倍だった。新型コロナウイルス感染症の再拡大を受けた緊急事態宣言の再発令に伴って、求人に比べて求職者が...

  • 東京株式  2日10時     (3/2)

    <225種>          29792円97銭      前日比 +129円47銭  <TOPIX>         1903.80        前日比 +01.32    

  • 為替相場   2日(日本時間10時) (3/2)

    10時現在           1ドル=             106円88銭〜          106円89銭    前日比  −0円29銭   1ユーロ=            128円67銭...

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...