ニュース

申請前に地銀などが営業実態確認 取引先支援、不正受給防止で

2021/2/10 21:59
 経済産業省

 経済産業省

 経済産業省は10日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言再発令で打撃を受ける飲食店の取引先などを支援する最大60万円の一時金について、地方銀行や商工会議所など第三者による営業実態の事前確認を義務付けると発表した。持続化給付金で相次ぎ発覚した不正受給を防ぐ狙い。確認後に申請できる仕組みにする。

 確認する団体には農協や漁協も想定しており、2月中旬以降に募集予定。申請予定者が実際に事業を行っているのかどうかなど対面やテレビ会議で確かめる。

 申請予定者は必要な書類を準備し、確認の予約をする。申請には確認後に受け取る番号が必要で、3月初旬から受け付けが始まる見通しだ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 河野氏期待、「4月は上積み」 (2/28)

     河野太郎行政改革担当相は28日午前のフジテレビ番組で、新型コロナウイルスワクチンに関し、65歳以上の高齢者接種の開始が見込まれる4月中の供給量増加に期待を示した。米ファイザー社と交渉中として具体的な...

  • 米、J&Jのワクチン許可 (2/28)

     【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)は27日、米医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチンの緊急使用を許可した。米国で新型コロナワクチンの実用化は3例目だが...

  • 米NYでアジア系差別反対の集会 (2/28)

     【ニューヨーク共同】新型コロナウイルス流行を契機にアジア系住民への憎悪犯罪(ヘイトクライム)や嫌がらせ行為が急増している米ニューヨーク市で27日、連邦上下両院議員や市長を含めた約200人が参加し、差...

  • 20都道府県がステージ3以上 (2/27)

     厚生労働省が27日までに発表した新型コロナ感染状況の指標によると、病床の逼迫度を示す確保想定病床の使用率は、月末までで緊急事態宣言が解除される岐阜、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の6府県を含む計20都...

  • 27日の人出、半数超の地点で増 (2/27)

     NTTドコモがまとめた27日午後3時時点の人出は、全国の主要駅や繁華街計95地点のうち半数超の52地点で前週末の20日から増加した。月末までで新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除される6府県では計...