ニュース

米消費者物価0・3%上昇 1月、エネルギー高影響

2021/2/10 23:16

 【ワシントン共同】米労働省が10日発表した1月の消費者物価指数(季節調整済み)は前月と比べて0・3%上昇した。上昇率は昨年12月(改定後)の0・2%から拡大した。1月のエネルギー価格が3・5%上がり、全体を押し上げた。

 エネルギーのうち、ガソリン価格が7・4%値上がりした。他の品目では食品も0・1%上昇。

 全体の前年同月比は1・4%上がった。

 変動が激しいエネルギーと食品を除いたコア指数は前月から横ばいだった。前年同月比では1・4%上がった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京株式  2日10時30分  (3/2)

    <225種>          29763円64銭      前日比 +100円14銭  <TOPIX>         1901.50        前日比 −00.98    

  • 為替相場   2日(日本時間10時30分) (3/2)

    10時30分現在        1ドル=             106円91銭〜          106円92銭    前日比  −0円32銭   1ユーロ=            128円65銭...

  • 金融相、みずほATM障害を批判 (3/2)

     麻生太郎金融担当相は2日、みずほ銀行の現金自動預払機(ATM)で出金できなくなるなどの障害が発生したことに関し、原因究明と再発防止の徹底を求めた。閣議後記者会見で「顧客が迷惑するのが一番の問題だ。(...

  • 東京円、106円台後半 (3/2)

     2日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=106円台後半で取引された。 午前10時現在は前日比29銭円安ドル高の1ドル=106円88〜89銭。ユーロは05銭円高ユーロ安の1ユーロ=128円67〜6...

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...