ニュース

プロ野球関係、昨季は陽性39人 観客からの報告は5件、コロナ

2021/2/12 19:01

 日本野球機構(NPB)は12日、昨季の新型コロナウイルスへの対応を取りまとめた「NPB2020年シーズン総括」を公式サイトで公開した。プロ野球関係者で陽性となったのは選手22人、コーチ2人を含む39人だった。

 陽性者の中で何らかの症状があったのは24人、無症状は15人だった。最も多かった症状は発熱の18人で、喉の痛みや違和感が6人、倦怠感が5人と続いた。

 試合観戦後に陽性となったという観客からの報告は5件あり、発症のタイミングなどからそのうち2件が保健所の調査の対象となったが、球場内での感染はなかったとした。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • スキー複合男子団体、日本4位 (3/1)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第5日は28日、ドイツのオーベルストドルフで行われ、複合男子団体に永井秀昭(岐阜日野自動車)渡部善斗、渡部暁斗(ともに北野建設)山本...

  • 宮沢はスプリント予選敗退 (2/25)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は25日、ドイツのオーベルストドルフで距離スプリント・クラシカルが行われ、男子(1・5キロ)は29歳で5大会連続代表の宮沢大志...

  • 独1部リーグ、遠藤渓は出番なし (3/1)

     【ケルン(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグで28日、ウニオン・ベルリンの遠藤渓太はホームのホッフェンハイム戦でベンチ入りしたものの出場機会がなかった。チームは1―1で引き分けた。

  • 吉田麻也フル出場、チームは敗北 (2/28)

     【ミラノ(イタリア)共同】サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)で28日、サンプドリアの吉田麻也はホームのアタランタ戦にセンターバックでフル出場した。試合は0―2で敗れた。

  • 加藤聖五は1回目で途中棄権 (2/28)

     アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は28日、ブルガリアのバンスコで男子大回転第8戦が行われ、世界選手権で18位と健闘した加藤聖五(野沢温泉ク)は1回目で途中棄権に終わった。 世界選手権覇者のマチ...