ニュース

候補地確定23年までと関電社長 中間貯蔵、福井県は再稼働議論へ

2021/2/12 22:17
 福井県庁で杉本達治知事と面談後、取材に応じる関西電力の森本孝社長=12日午後

 福井県庁で杉本達治知事と面談後、取材に応じる関西電力の森本孝社長=12日午後

 関西電力の森本孝社長は12日、福井県庁で杉本達治知事と面談し、関電原発の使用済み核燃料を一時保管する中間貯蔵施設の県外候補地は、2023年末を最終期限として確定させると表明した。青森県むつ市の施設を電力各社で共同利用する案を選択肢の一つとして提示。杉本知事は前向きに受け止め、運転開始から40年超の福井県内にある原発3基の再稼働に向け、議論を始める考えを示した。

 森本社長は面談で「期限までに確定できない場合は3基の運転はしないという不退転の決意だ」と強調。ただ、むつ市の宮下宗一郎市長は、共同利用案に反発しており、実現見通しは立っていない。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • コロナ感染、18県で拡大傾向 (3/6)

     厚生労働省が6日までに発表した全国の新型コロナウイルス感染状況の指標によると、1週間の新規感染者数の前週比は18県で1以上となった。12県だった前週から拡大傾向にあり、注視する必要がありそうだ。 厚...

  • 原発被災地に「調整役」、福島 (3/6)

     放射性物質の環境汚染から経済繁栄に転じた米国・ハンフォード地域を手本に、東京電力福島第1原発事故の被災地で産官学の調整役となる民間組織「福島浜通りトライデック」が6日、設立した。福島県の沿岸住民が望...

  • コロナ向け自己服用に米当局警鐘 (3/6)

     【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)は5日、抗寄生虫薬「イベルメクチン」を新型コロナウイルス感染症の治療や予防のために自己判断で服用しないようウェブサイトで警鐘を鳴らした。動物用薬を服用して入...

  • インド洋重油流出、風化させない (3/6)

     インド洋の島国モーリシャス沖で昨年、日本の貨物船が座礁した重油流出事故をきっかけに、両国の若者らでつくる団体が、貴重な生態系への影響などを世界へ発信するプロジェクトを始めた。新型コロナウイルス禍でオ...

  • ドローンで火山ガス採取 (3/6)

     ドローンに搭載して噴火中の火山から出ているガスを採取する装置を名古屋大と京都大の研究チームが開発し、6日までに国際専門誌に発表した。人が近づけない火山でも、安全に噴火の規模や継続時間などの正確な予測...