ニュース

チョコ製造の企業「対策不十分」 カカオ栽培は児童労働の温床

2021/2/13 16:50
 カカオの実をなたで割るガーナの子ども(NGO「ACE」提供)

 カカオの実をなたで割るガーナの子ども(NGO「ACE」提供)

 チョコレートの原料カカオの栽培は児童労働の温床になっており、日本企業の取り組みは「不十分」との調査結果を米国の環境団体が13日までに公表した。バレンタインデーを機に「消費者も児童労働に頼らないチョコを選んでほしい」と訴える。

 調査した「マイティアース」によると、日本がカカオの8割を輸入している西アフリカ・ガーナでは、70万人以上の児童がカカオ栽培に従事。学校に行けなかったり、劣悪な環境で働いたりしている児童が多い。

 同団体は伊藤忠商事、不二製油グループ本社、明治ホールディングス、森永製菓の4社について、児童労働や森林破壊への対応など7項目を評価した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 東京、新たに232人感染 (3/2)

     東京都は2日、新型コロナウイルスの感染者が新たに232人報告されたと明らかにした。累計は11万2029人となった。 都内は緊急事態宣言後に続いてきた減少のペースが鈍化し、下げ止まりの懸念が出ている。...

  • 核ごみ最終調査前に住民投票 (3/2)

     原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定で、第1段階の文献調査が進む北海道寿都町は2日、第3段階の精密調査に移る際に調査受け入れの是非を問う住民投票を行う条例案を町議会に提出した...

  • 高齢者接種券は段階送付を (3/2)

     河野太郎行政改革担当相は2日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンを65歳以上の高齢者に接種する際に必要な接種券について、自治体が段階的に送付するのが望ましいとの考えを示した。「いきなり全ての高齢...

  • 居住地外でワクチン接種へ、岡山 (3/2)

     岡山県が、新型コロナウイルスワクチンの住民接種について、居住地以外の県内の自治体でも受けられるように共同接種体制の整備を進めていることが2日、県への取材で分かった。医療体制の整っていない自治体を支援...

  • 星出さん、宇宙船「違い楽しみ」 (3/2)

     【ワシントン共同】4月に打ち上げ予定の米スペースXの新型宇宙船クルードラゴンに乗る星出彰彦飛行士(52)が1日、米航空宇宙局(NASA)の記者会見に出席した。搭乗する宇宙船は3種類目で「(以前に乗っ...