ニュース

巨人最年長の亀井、打撃練習に熱 「さらにうまくなりたい」

2021/2/13 17:00
 フリー打撃に取り組む巨人・亀井。左は梶谷=那覇

 フリー打撃に取り組む巨人・亀井。左は梶谷=那覇

 巨人最年長の38歳の亀井が13日、熱心にバットを振り込んだ。全体練習前に黙々とティー打撃に取り組み、ランチタイムに行われるフリー打撃では豪快な柵越えを披露。「野球選手は常に不安。さらにうまくなりたいと思っている」と力強く話した。

 梶谷らが加入して外野の選手層は厚みを増した。「困ったときに亀井がいると言ってもらえるように。チームのために頑張りたい」とベテランらしく勝利優先の姿勢を貫いている。(那覇)


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 五輪の海外観客、5者協議で決定 (3/5)

     東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は5日、東京都内で記者会見し、東京大会の海外からの観客受け入れに関し、政府、東京都、IOC、国際パラリンピック委員会(IPC)の代表との5者協議を再び...

  • 宮沢はスプリント予選敗退 (2/25)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は25日、ドイツのオーベルストドルフで距離スプリント・クラシカルが行われ、男子(1・5キロ)は29歳で5大会連続代表の宮沢大志...

  • オリックス、安達了一が陽性 (3/5)

     プロ野球オリックスは5日、安達了一内野手(33)が横浜市内の病院で新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査を受け、陽性と判定されたと発表した。遠征先の横浜市内のホテルで起床時に37・2度の発熱と鼻水...

  • 西郷と森田が首位、渋野5位 (3/5)

     ダイキン・オーキッド・レディース第2日(5日・沖縄県琉球GC=6561ヤード、パー72)ツアー未勝利の19歳、西郷真央と24歳で1勝の森田遥が通算10アンダー、134で首位に並んだ。西郷は首位から7...

  • 鈴木亜由子、名古屋マラソン欠場 (3/5)

     名古屋ウィメンズマラソン(14日・バンテリンドームナゴヤ発着)の主催者は5日、東京五輪女子マラソン代表で招待選手の鈴木亜由子(日本郵政グループ)が欠場すると発表した。左脚外側大腿二頭筋腱の炎症のため...