ニュース

高齢者の接種参加「不明」が4割 40市区がワクチン券にめど

2021/2/13 21:18
 新型コロナウイルス感染症ワクチンの集団接種の初訓練=1月、川崎市

 新型コロナウイルス感染症ワクチンの集団接種の初訓練=1月、川崎市

 新型コロナウイルスのワクチン接種に関し、都道府県庁がある47市区のうち40市区が、高齢者に来月から郵送される接種券(クーポン券)の印刷準備に「めどは立った・おおむねめどは立った」としたことが13日、共同通信の調査で分かった。各自治体に居住する高齢者のうち、何人が接種を受ける見込みかという想定接種率を聞くと、約4割に当たる20市区が「分からない」と答えた。

 米製薬大手ファイザー製ワクチンは順次、都道府県に配送される。4月からの高齢者接種に向け、自治体は自前で完結できる準備が進むものの、ワクチンがいつどれだけ来るのか分からないため計画が立てにくいとみられる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • スターフライヤーの増資可決 (3/2)

     経営が悪化している中堅航空会社スターフライヤー(北九州市)は2日、同市内で臨時株主総会を開き、最大で約110億円の資本増強策を賛成多数で可決した。コロナの影響で利用客が低迷しており、増資で財務基盤を...

  • 首相、宣言解除は直前まで見極め (3/2)

     菅義偉首相は2日の衆院予算委員会で、首都圏4都県に対する新型コロナウイルス緊急事態宣言を解除する是非に関し、直前まで見極める意向を示した。「ぎりぎりまで状況を見たい思いがある」と述べた。新型コロナワ...

  • 諮問委、今週開催と西村担当相 (3/2)

     西村康稔経済再生担当相は2日の記者会見で、7日までとなっている首都圏1都3県に対する緊急事態宣言の扱いを議論するため、専門家らで構成する諮問委員会を今週中に開くと述べた。感染者数などの指標を「できる...

  • 全産業、経常利益が0・7%減 (3/2)

     財務省が2日発表した2020年10〜12月期の法人企業統計は、金融・保険業を除く全産業の経常利益が前年同期比0・7%減の18兆4505億円で、7四半期連続のマイナスとなった。減少幅は7〜9月期の28...

  • 高齢者接種券は段階送付を (3/2)

     河野太郎行政改革担当相は2日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンを65歳以上の高齢者に接種する際に必要な接種券について、自治体が段階的に送付するのが望ましいとの考えを示した。「いきなり全ての高齢...