ニュース

1週間は6強程度に注意を 気象庁が臨時記者会見

2021/2/14 1:53
 福島、宮城両県での強い地震を受け、記者会見する気象庁の担当者=14日午前1時12分、気象庁

 福島、宮城両県での強い地震を受け、記者会見する気象庁の担当者=14日午前1時12分、気象庁

 宮城県や福島県で最大震度6強を観測した地震の発生を受け、気象庁は14日午前1時10分から臨時記者会見を開き、東日本大震災の余震と考えられるとした上で、揺れが強かった地域では今後1週間程度、震度6強程度の地震に注意が必要と呼び掛けた。

 気象庁は今回の地震が沈み込んだ太平洋プレート内部で発生したとの見解を示した。地震の規模はマグニチュード7・3と大きかったものの、震源の深さが55キロと深いことを津波被害の心配がないとした根拠とした。

 また、福島県の中通りでは長周期地震動を観測した。階級は最高の4で、高層階では立っていられないほどの揺れに襲われた可能性がある。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 古い血痕、新手法で検出可能に (2/26)

     福井県警科学捜査研究所(科捜研)は26日、犯行現場に残されて長時間経過した血痕が、人間に由来するものだと証明する新たな検査方法を開発したと発表した。開発者の村橋将崇研究員(34)は「現場からより多く...

  • 災害援護資金、4割が滞納 (2/26)

     東日本大震災の被災者の生活再建に向けて貸し付けられた災害援護資金を巡り、返済期日を迎えた世帯の約4割が滞納していることが26日、共同通信のアンケートで分かった。津波や東京電力福島第1原発事故の被害が...

  • 栃木山火事、焼失6ヘクタール増 (2/26)

     栃木県足利市の両崖山(251メートル)一帯の山林で起きた火災は26日、発生から6日目を迎えた。焼失面積は午後1時時点で約106ヘクタールとなり、25日午後2時時点から6ヘクタール増えた。足利市の和泉...

  • 海保大型巡視船が初入港、鹿児島 (2/26)

     鹿児島海上保安部所属の大型巡視船「あかつき」(約6500トン)が26日、鹿児島市の鹿児島港に初入港した。ヘリコプターを搭載可能で、機関砲も装備。海保では最大クラスとなる。沖縄県・尖閣諸島などの離島や...

  • 東北新幹線、損傷は約940カ所 (2/26)

     JR東日本は26日、福島、宮城両県で震度6強を観測した13日の地震で東北新幹線が受けた被害をまとめ、電柱や高架橋の柱、架線の金具など計約940カ所が損傷したと発表した。福島―白石蔵王(宮城)間に集中...