ニュース

まん延防止措置、直ちに使わず 10都府県の宣言解除後

2021/2/14 11:28
 西村経済再生相

 西村経済再生相

 西村康稔経済再生担当相は14日のNHK番組で新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため新設した「まん延防止等重点措置」について、緊急事態宣言を発令している10都府県に「宣言解除後に直ちに使うわけではない」との考えを示した。宣言で感染を抑え、医療体制の逼迫を解消することが重要だと述べた。

 新型コロナ感染症対策分科会の尾身茂会長も同番組で、まん延防止措置に関して、基本的には感染者数が増加している局面で使うべきだと指摘した。10都府県の宣言は「リバウンドしないように解除することが大事だ」と訴えた。

 感染拡大は日本人の恒例行事に密接な関係があるとの見方も示した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 緊急事態宣言、2週間程度延長へ (3/3)

     菅義偉首相は3日、首都圏1都3県に発令中の新型コロナウイルス緊急事態宣言に関し、7日の期限を2週間程度再延長する意向を表明した。理由について、病床が逼迫していることを挙げ「国民の命と暮らしを守るため...

  • 復興率、福島「80%」最高 (3/3)

     東日本大震災の津波と東京電力福島第1原発事故の被害が大きかった岩手、宮城、福島3県の42市町村で、復興全体の達成率を巡り首長間の認識に差があることが3日、共同通信のアンケートで分かった。岩手、宮城両...

  • 「風流踊」は41件で再提案へ (3/3)

     政府は3日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に関する関係省庁連絡会議で、2022年の登録を目指す「風流踊」を24都府県の計41件としてユネスコに再提案すると決めた。これまでの23都府県...

  • ドクターヘリの操縦要件見直し (3/3)

     国土交通省は4月からドクターヘリの操縦要件を見直す。新型機への更新や追加配備が相次いでおり、機種が変わっても、長時間の訓練飛行を不要とし、速やかに運用できるようにする。 ドクターヘリは自治体が所有し...

  • 首都圏4知事、午後にも協議 (3/3)

     新型コロナウイルスの緊急事態宣言が継続している首都圏1都3県の知事が、今月7日となっている期限の解除や延長などの対応を3日午後にも協議する方向で調整に入った。関係者への取材で分かった。抑制効果を分析...