ニュース

米、WHO調査結果に懸念と疑問 情報開示要求、中国は反発

2021/2/14 11:53
 中国・武漢の空港で取材に応じるWHO国際調査団員=2月10日

 中国・武漢の空港で取材に応じるWHO国際調査団員=2月10日

 【ワシントン共同】米国のサリバン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は13日、新型コロナウイルスの起源解明を目指して中国湖北省武漢を訪れた世界保健機関(WHO)国際調査団による初期の調査結果に「深い懸念と疑問」があるとする声明を出した。中国に対し「発生初期からのデータを公開しなければならない」とし、情報開示を求めた。

 これに対し、在米中国大使館の報道官は13日に談話で「新型コロナに関する国際協力をひどく損なってきた米国が、WHOや誠実に支援してきた国々を非難している」と指摘。「米国こそ責任ある態度を取ることが望ましい」と反発した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • ニュージーランド沖でM6・9 (3/5)

     【シドニー共同】米地質調査所(USGS)によると、ニュージーランド沖で5日午前2時27分(日本時間4日午後10時27分)ごろ、マグニチュード(M)6・9の地震があった。震源はニュージーランド北島の北...

  • 中国、香港選挙巡り米欧に猛反発 (3/6)

     【北京共同】中国共産党機関紙、人民日報(電子版)は6日の記事で、北京で開かれている全国人民代表大会(全人代)に提案された香港選挙制度の見直しは「完全に中国の内政だ」として、米欧各国で強まる対中批判に...

  • 国連安保理が声明検討、限界も (3/6)

     【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は、ミャンマー情勢を巡る5日の緊急会合で一致した対応を打ち出せなかったことを受け、水面下で新たな声明発表に向けた検討に入った。ただ中国やロシアは慎重姿勢を崩さず...

  • 米施政方針演説が大幅遅れ (3/6)

     【ワシントン共同】バイデン米大統領による経済や外交の包括的政策を内外に示す施政方針演説が遅れている。開催条件に位置付けた新型コロナウイルス追加経済対策法案は5日、与野党の歩み寄りで成立のめどが立ちつ...

  • フィリピン「接種しない」46% (3/6)

     【マニラ共同】新型コロナウイルスのワクチンを接種する考えがない人の割合は46%―。フィリピンの世論調査で、接種がスムーズに進むか不安視される結果が出た。2016〜17年に起きたデング熱ワクチンを巡る...