ニュース

ハーフマラソン、安藤友香が優勝 全日本実業団女子

2021/2/14 14:58
 全日本実業団ハーフマラソン女子で、優勝した安藤友香=維新みらいふスタジアム

 全日本実業団ハーフマラソン女子で、優勝した安藤友香=維新みらいふスタジアム

 全日本実業団ハーフマラソンは14日、山口市の維新みらいふスタジアム発着で行われ、女子は安藤友香(ワコール)が1時間9分54秒で優勝した。筒井咲帆(ヤマダホールディングス)が16秒差で2位に入り、原田紋里(第一生命グループ)が3位だった。

 男子はパトリック・マゼンゲワンブィ(NTT西日本)が1時間0分12秒の大会新記録で制し、市田孝(旭化成)が1時間0分19秒で2位となった。


この記事の写真

  •  安藤友香=19年12月

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 宮沢はスプリント予選敗退 (2/25)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は25日、ドイツのオーベルストドルフで距離スプリント・クラシカルが行われ、男子(1・5キロ)は29歳で5大会連続代表の宮沢大志...

  • ラグビー松田「成長へ貪欲に」 (3/9)

     埼玉県熊谷市で合宿中のラグビー7人制女子日本代表候補が9日、オンラインで取材に応じ、15人制日本代表として活躍した松田努さんを父に持つ松田凜日は「毎日少しでも成長できるように貪欲に取り組み、いい合宿...

  • 中2―7西(9日) (3/9)

     西武の松本は5回8安打ながら、粘りの投球を見せて2失点でしのいだ。金子、森が各2安打と主力のバットが活発だった。中日の勝野は直球の威力がなく、4回7失点。救援の鈴木はこの日も1回無失点と好調を維持し...

  • 東京五輪選手の検査増を検討 (3/9)

     東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は9日、共同通信などとのインタビューに応じ、コロナ感染対策の徹底のために実施する大会中の選手の検査について、少なくとも4日に1度の計画から、頻度を増や...

  • 神6―4広(9日) (3/9)

     阪神は2年目の西純矢が制球が甘く、5回4失点。先発枠入りへ思うようなアピールはできなかった。新人の佐藤輝は力強く適時打。広島は新戦力のクロンが2戦連続本塁打となる満塁アーチを放ち、先発枠を争う矢崎は...